このページの本文へ

3年半ぶりの最新バージョンは、初の日米同時リリース

マイクロソフト、「Office 2008 for Mac」の発売日を1月16日と発表

2007年12月05日 22時58分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は16日、Mac用のオフィススィート「Microsoft Office 2008 for Mac」シリーズ3製品を2008年1月16日より発売することを発表した。これは、同シリーズ初の米国との同時リリースとなる。

「Microsoft Office 2008 for Mac」パッケージ
左から順に、「Microsoft Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック」「Microsoft Office 2008 for Mac Special Media Edition」「Microsoft Office 2008 for Mac」のパッケージ。米国のリリースは1月15日だが、時差の関係でスケジュール上は1日遅れとなっている

価格はそれぞれ、「Microsoft Office 2008 for Mac」は通常版4万9800円、アップグレード版が2万8000円。「Microsoft Expression Media」が付属した「Microsoft Office 2008 for Mac Special Media Edition」は通常版5万2800円、アップグレード版が3万2800円。「Microsoft Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック」が3ライセンス付きで2万2800円。アップグレードは「Microsoft Office 98 Macintosh Edition」以降のMac向けのスイートおよび単体製品が対象となる。

また、「Microsoft Office 2008 for mac」に含まれる「Microsoft Word 2008 for Mac」「Microsoft Excel 2008 for Mac」は、単体パッケージとして2月8日より発売予定だ。

ホーム&エンターテイメント事業本部リテールビジネス事業部長五十嵐章氏 リテールビジネス事業部コンシューマー製品部エグゼクティブプロダクトマネージャ仲尾毅氏
冒頭のあいさつを行ったホーム&エンターテイメント事業本部リテールビジネス事業部長の五十嵐章氏(左)、記者発表のスピーカーを務めたリテールビジネス事業部コンシューマー製品部エグゼクティブプロダクトマネージャの仲尾毅氏(右)

Microsoft Office 2008 for Mac」シリーズは、待望のユニバーサルバイナリー化を果たし、Power PC/インテルCPUの両環境でネイティブ動作を可能にしたことによって抜群のパフォーマンスを実現。よりMacらしく使いやすいインターフェースデザインへの刷新も行っている。Macならではのデザインテンプレートを多数用意した「エレメンツギャラリー」やiPhotoのイメージを呼び出す機能などを備える「オブジェクトパレット」、Mac OSの搭載する「Automator」への対応と、各ソフト共通のものだけでも生産性の向上をサポートする多数の機能を搭載する。また、最新の「MS明朝」「MSゴシック」やWindows Vista標準の「メイリオ」フォントなどが付属し、WindousとMac間における互換性にも配慮している。

ツールパレットオブジェクトパレットは、iPhotoにストックされているイメージ画像を直接呼び出すことができるタブを備える。ほかにも「エレメンツギャラリー」タブなどがある
Automator
Mac OS搭載の「Automator」にも対応。さまざまな作業をまとめてバッチ処理できる

Word」は、美しいオブジェクトのレイアウトが簡単にできる「デザインモード」を搭載。「Excel」には、家庭や小規模事業所などで活躍する簡易財務表を作成できる「資産/財務管理シート」を追加している。また、「PowerPoint」は、iPodへのデータ転送機能を搭載するなど、各アプリケーション単位でも多数の新機能を搭載している。


「Word」インターフェース
「Word」上でのオブジェクトのレイアウトを容易にするレイアウトデザインモード。テンプレートも多数用意されている
「Excel」インターフェース
Excel」に追加された「資産/財務管理シート」は、家庭や小規模事業所などにおけるビジネスユースで活躍する簡易財務表を作成可能
「PowerPoint」インターフェース
「PowerPoint」インターフェース。テキストや項目の追加にも柔軟に対応できるデザインテンプレート。Macらしいテンプレートが多数用意されており、カスタマイズを楽しみながらレイアウトができる
iPod touch
「Power Point」のテンプレートを書き出してiPodに転送するユニークな機能も搭載する

なお各オンラインショップをはじめとして、同日より特典付きの予約販売がスタートしている。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中