このページの本文へ

学生向けの格安基本フォントセットも登場!

モリサワ、「MORISAWA PASSPORT」のアップグレードキットや新製品など、全4製品を発売

2007年11月30日 22時09分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)モリサワは30日、「MORISAWA PASSPORT」の最新版「アップグレードキット3rd」、MORISAWA PASSPORTの新たな購入プラン「MORISAWA PASSPORT ONE」、TrueTypeフォントパッケージ「MORISAWA Font Pack for Vista」、学生専用フォントパッケージ「MORISAWA Font Student Pack BASIC」の4製品を発売した。

morisawa 同日開催された記者説明会の席上で、(株)モリサワの専務取締役である森澤彰彦氏は、4製品の発送を開始したと公表。「PASSPORTは当初想定していたよりも幅広いユーザーに利用してもらっている。今回の製品はそういった多様なユーザーの声に応えてのもの」という

アップグレードキット3rd」は、MORISAWA PASSPORTを契約しているユーザーすべてを対象に30日より無償で提供されるサービスだ。「Adobe-Japan 1-6拡張文字セット」に対応したリュウミン/新ゴ/ゴシックMB 101/中ゴシックBBBシリーズの各22書体、和文書体などの新書体、Windows Vista用True Typeフォントの正規版が追加されたほか、Adobe-Japan 1-5の28書体に含まれる文字が改訂されている。


MORISAWA PASSPORT ONE」は、年間契約フォントラインセンス「MORISAWA PASSPORT」の新たな購入プラン。1台のみ契約したい新規ユーザーを対象としており、購入前に通常2週間程度かかる書類手続きが一切いらずパッケージを店頭で購入したあと、すぐに利用できることが特徴だ。総合ポイント割引が適用されないことやインターネットに接続できる環境が必要といった条件があるが、含まれるフォントセットはすべて同じで、無償アップグレードなど購入後に受けられるサービスは通常のプランと同様。

MORISAWA PASSPORT ONE 店頭発売予定日は12月6日で、価格は5万2500円だ。対応システムは、Mac OS 10.3.9以上(Leopard対応)、Windows XP/Vista

MORISAWA Font Pack for Vista」は、Windows XPに標準搭載されているメイリオの文字セットに準拠した和文7書体のパッケージ。印刷業界ではスタンダードなフォントとして知られるリュウミン/新ゴL/ゴシックMB 101シリーズから7書体を選んでおり、メイリオ書体と互換性のあるフォントバリエーションとしてビジネス文書やプレゼン資料の作成などに役立つ。

MORISAWA Font Pack for Vista 価格は1万2600円。使用条件は、認証のためにウェブブラウザーおよび電子メールを利用できる環境があることだ

学生を対象にした1年間の使用期限付きの「MORISAWA Font Student Pack BASIC」は、デザイン業界で使用頻度の高い30書体をパッケージにしたもの。将来グラフィックデザイナーやウェブデザイナーなどを志望する学生が、プロが使うフォントを使用してより実践に近い学習ができることを目的としている。

MORISAWA Font Student Pack BASIC 価格は9975円。インストールの翌々月1日から1年間使用できる

また、同日開催された記者説明会では、多摩美術大学美術学部准教授の澤田泰廣氏と東京造形大学造形学部教授の秋田寛氏が招かれ、学生の文字に対する意識についてなどデザイン教育の現場について語られた。

両氏によると、学生はマシンにバンドルされているフォントに満足しており、書体を購入するという意識が極めて希薄だという。その理由は、フォントは表現力を高める道具であるという認識がないことや、学生には手が出せない価格であることなどをあげる。しかし、学生でも手の届きやすい「MORISAWA Font Student Pack BASIC」の登場により、フォントまで意識された完成度の高い作品が数多く生み出されるのではないかと期待を述べた。

MORISAWA Font Student Pack BASIC2
多摩美術大学の准教授澤田氏(左)と東京造形大学の教授秋田氏(右)がデザイン教育の現状とデザインにおけるフォントの重要性について語った

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中