このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」 ― 第7回

ドルビーがケータイにやってきた「SH905i」

2007年11月30日 09時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音へのこだわり、細部まで


タッチクルーザー
タッチクルーザーは、親指のスウィングでも操作しやすい。ちょっとヒンジ寄りをグリップするのがコツだ

 SH905iでは、音を楽しむためにハードにも工夫がほどこされている。例えば、「タッチクルーザー」という、静電パッド式の一切音を立てないインターフェースだ。

 イヤホンをして音を聴いているときには、できるだけ余計な振動や音を立てたくないモノだ。

 iPodはクリックホイールを操作するとカチカチと音が鳴る。タッチホイールながらダイヤルを操作している感覚が伝わってきて、インターフェースとして心地良い一方で、音が鳴らなければ操作感として不十分であるため、やはりクリッカーはオンで使っていた。

 しかしiPod touchを使い始めて、それは間違いであったと気づく。iPod touchでは操作していてもスクロールや選択の際に音が出ない。音楽に集中しつつもiPodを操作したい場合、操作音が出ないtouchの方が正解だと思ったのだ。

 タッチクルーザーを搭載するSH905iからも、そうした操作音すら許さないという音へのこだわりが感じられる。

ボリューム ワンセグや音楽を楽しむときに最適な、余計なボタンを隠すスタイル。画面の右端にあるボタンでボリュームをすぐ調整できる

 そのタッチクルーザーはちょうどノートパソコンのマウスの役割を果たしている。左右へのスクロール操作を快適にこなすほか、中央をダブルタップすると決定キーの役割にもなる。

 このインターフェイスをワンセグ視聴中に使う機会がないじゃないか、と思うかも知れない。が、SH905iでは、ワンセグを観ながらメールを読み書きしたり、iモードのサイトを見たりする「マルチウインドウ」を備えている。このマルチウィンドウがまた快適なのだ。

 「テレビを観ながら、ケータイを触る」が1台で完結できる。そのときに音を立てないインターフェースが生きてくるわけだ。

マルチウインドウ メールをしながらワンセグ。メールを打っているときだって、ドルビーモバイルのいい音が流れ続ける

 今までケータイで音を聴いていた人は、この端末の魅力がよく分かるのではないだろうか。そして今まで音をケータイで聴いていなかった人にも、納得のクオリティーを実現していると言える。いずれにしても、一度「耳」にしてみるべき逸品であることは間違いない。


松村さん

筆者紹介──松村太郎


ジャーナル・コラムニスト、クリエイティブ・プランナー、DJ。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。ライフスタイルとパーソナルメディア(ウェブ/モバイル)の関係性について探求している。自身のブログはTAROSITE.NET



*次回は12月6日掲載予定


■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART