このページの本文へ

松下電器産業、英語キーボードの「Let'snote W7」をウェブ限定で100台発売

2007年11月28日 17時57分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Let'snote W7 英語キーボードモデル」 「Let'snote W7 英語キーボードモデル」

 松下電器産業(株)は28日、モバイルノートパソコン「Let'snote W7」(関連記事)の英語キーボードモデルを、同社直販サイト「マイレッツ倶楽部」限定で発売する。販売台数は100台限定で、価格は28万7600円。同日予約を開始し、12月14日から出荷する。

キーボード部分の拡大写真 キーボード部分の拡大写真

 ベースとなるLet'snote W7は、今年9月に発表された12.1インチ液晶ディスプレー搭載の光学ドライブ内蔵モバイルノートパソコン。今回の英語キーボードモデルでは、キーボードが英語配列(US配列)に変更されているのに加えて、OSにはWindows Vista Ultimate(日本語版)を採用。また、CPUに店頭販売モデルよりハイスペックなCore 2 Duo U7600(1.20GHz)を搭載するなど、CPUやHDD容量が強化されている。

 注文時にメモリー増量や天板の色の選択などのカスタマイズが可能。天板は標準の「シルバーフェザー」のほか、「ブラックストーン」や「ブルーアップル」など計11色から選択できる。主な仕様は以下のとおり。

Let'snote W7 英語キーボードモデル CF-W7BWVAEP
CPU:超低電圧版Core 2 Duo T7100(1.80GHz)|メモリー:DDR2-533 1GB|グラフィックス:Intel GM965 Expressチップセット内蔵
ディスプレー:12.1インチ 1024×768ドット|HDD:160GB|光学ドライブ :DVDスーパーマルチドライブ|無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g
サイズ:幅272×奥行き214.3×高さ45.3mm|重量:約1.255kg|バッテリー駆動時間:約9.5時間|OS:Windows Vista Ultimate

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン