このページの本文へ

45nmのクアッドコア「Xeon 5400」シリーズ“Harpertown”がデビュー!

2007年11月20日 23時06分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルの45nmプロセス世代となるサーバー/ワークステーション向け新型CPU「Xeon 5400」シリーズの販売が今日からスタート。合わせて6モデルが一気に発売となっている。

Harpertown Harpertown
45nmプロセス世代となる“Penryn”のサーバー/ワークステーション向け新型CPU「Xeon 5400」シリーズ。コードネームは“Harpertown(ハーパータウン)”だ

Xeonシリーズも45nmプロセス世代に突入

 コードネーム“Harpertown(ハーパータウン)”こと「Xeon 5400」シリーズは、Coreマイクロ・アーキテクチャーを採用する同社の45nmプロセス世代のCPU“Penryn”のサーバー/ワークステーション向けとなるクアッドコアCPU。同じく“Penryn”でデスクトップ向けとなるCPU、コードネーム“Yorkfield”こと「Core 2 Extreme QX9650」の販売が先週一足早く始まったのはすでにお伝えした通りだ。
 基本的な特徴は、その「Core 2 Extreme QX9650」と同じで、新しい47種類の命令セット「SSE4」の追加や割り算命令を高速化する「Radix-16 Divider」の実装、仮想化技術「拡張版インテル バーチャライゼーション・テクノロジー」の対応、さらに6MB×2で12MBとなる2次キャッシュを搭載するところなど。ただし、対応メモリはFB-DIMM。またソケットはLGA 771となるのが「Core 2 Extreme QX9650」と異なる。

45nm 45nm
先週一足早く始まった「Core 2 Extreme QX9650」と同じ45nmプロセス世代のCPU“Penryn”となる。「SSE4」の追加や割り算命令を高速化する「Radix-16 Divider」の実装、仮想化技術「拡張版インテル バーチャライゼーション・テクノロジー」などに対応する

 今回販売を確認したのは以下の6モデル。TDP120Wの「Xeon X5450」(クロック3.0GHz)とTDP80Wの「Xeon E5410」(クロック2.33GHz)、「Xeon E5420」(クロック2.50GHz)、「Xeon E5430」(クロック2.66GHz)、「Xeon E5440」(クロック2.83GHz)、「Xeon E5450」(クロック3.0GHz)でいずれもFSBは1333MHzとなる。価格および販売ショップは以下の通り。価格はすべて1個あたりのもので、製品はすべて2個セットでの販売となる。
 なお、同店では対応マザーボードも同時に入荷。Supermicro製の「i5400」チップセットを搭載した「X7DWA-N」で価格は8万5890円。さらにPC2-6400(DDR2-800)対応のFB-DIMMモジュール(Transcend製の1GBと2GB)も今週中に入荷するとしている。

「Xeon X5450」スペックシール 「Xeon X5410」スペックシール
TDP120Wの「Xeon X5450」(クロック3.0GHz)とTDP80Wの「Xeon E5410」(クロック2.33GHz)のスペックシール。合わせて6モデルが一気に発売となっている
ポップ
スペックシール以外で見分けをつけることはできない。またその他の発表済みのモデルも順次発売予定となっている
価格ショップ
「Xeon X5450」(TDP120W/3GHz)
¥120,750USER’S SIDE本店
「Xeon E5450」(TDP80W/3GHz)
¥124,740T-ZONE.PC DIY SHOP
¥129,150USER’S SIDE本店
「Xeon E5440」(TDP80W/2.83GHz)
¥98,490USER’S SIDE本店
「Xeon E5430」(TDP80W/2.66GHz)
¥65,940USER’S SIDE本店
「Xeon E5420」(TDP80W/2.5GHz)
¥45,990T-ZONE.PC DIY SHOP
¥47,040USER’S SIDE本店
「Xeon E5410」(TDP80W/2.33GHz)
¥37,590T-ZONE.PC DIY SHOP
¥38,640USER’S SIDE本店

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中