このページの本文へ

【レポート】Oracle OpenWorld 2007

サン、デルのサーバにSolarisを提供へ

2007年11月16日 10時34分更新

文● 西川仁朗(アスキービジネス編集部)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

14日、米サンが米デルにSolaris OSのOEM提携を行なっていくことを発表した。両社はサポート体制も共同で行ない、パートナーシップによる市場拡大を狙う。


顧客の選択の幅を広げ、市場拡大につなげる


 米国時間11月14日、Oracle OpenWorld 2007の会場における米サンマイクロシステムズ CEOのジョナサン・シュワルツ氏の講演中に、米デルCEOのマイケル・デル氏が登場し、サンがデルにSolaris OSのOEM提携を行なっていくことを発表した。

米サンマイクロシステムズCEO ジョナサン・シュワルツ氏

 デルはSolaris OSの組み込んだPowerEdgeサーバを提供することにより、エンタープライズ分野における顧客拡大につなげ、サンはSolaris OSの市場での存在感を拡大するのが狙い。また、両社は共同で顧客のサポート体制を構築していくことも併せて発表した。

 シュワルツ氏は「Solarisのユーザー企業の3分の1はデルを使っており、共同でサポート体制を構築することは両社にとってメリットが大きい」と述べている。また、デル氏は「我々が推進している“Simplyfy IT”のコンセプトは顧客に選択肢を与えること」と述べ、ユーザメリットに繋がることを強調した。

ステージでは左のマイケル・デルCEOが、シュワルツCEOにデルのロゴが入ったTシャツをプレゼントしていた

カテゴリートップへ

ピックアップ