このページの本文へ

ハイエンドGPUが3万円以下に!?

AMD、初のDirectX 10.1対応GPU「Radeon HD 3870」「Radeon HD 3850」を発表!

2007年11月15日 14時01分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
55nmプロセスの採用で低価格化を実現した「Radeon HD 3870」
55nmプロセスの採用で低価格化を実現した「Radeon HD 3870」(写真はサンプルカードのもの)

 米AMD社は15日、DirectXの最新仕様「DirectX 10.1」に対応するグラフィックスチップ(GPU)「Radeon HD 3870」と「Radeon HD 3850」など、Radeon HD 3800シリーズのGPUを発表した。既存のハイエンドGPU「Radeon HD 2900 XT」を上回るパワーを備えながら、実売価格で3万円前後と見られる価格性能比の高さが特徴である。

1スロット仕様とした「Radeon HD 3850」 クロック周波数を低めにして、冷却ユニットのサイズを減らし1スロット仕様とした「Radeon HD 3850」

微細化とマイナーチェンジで高速化&DX 10.1対応

 Radeon HD 3800シリーズは、80nm製造プロセスで作られたRadeon HD 2900シリーズとほぼ同様のコアアーキテクチャーや演算ユニットを備えながら、より微細な55nm製造プロセスを採用することでダイサイズの縮小を実現した。2900シリーズのダイは約7億トランジスター、408mm2であったのに対して、3800シリーズでは約6億6000万トランジスター192mm2と、大幅に小型化・低消費電力化されている。

2900 XTと3800のダイサイズ・消費電力比較 3800と2900 XTの消費電力比較グラフ
Radeon HD 2900(画像左)とRadeon HD 3800(画像中央)のダイサイズと消費電力の比較Radeon HD 3800シリーズとRadeon HD 2900 XTの消費電力比較グラフ

 これによりハイエンドGPUの性能を持ちながら、製品価格を安く抑えることに成功した。消費電力も減り、ピーク性能時でほぼ半分程度の消費電力で動作するようになった。また微細な製造プロセスを用いたことで、より高クロックでの動作も可能(Radeon HD 3870で775MHz以上)になり、グラフィック性能の向上を実現している。

Radeon HD 3800のブロックダイアグラムと主な特徴
Radeon HD 3800のブロックダイアグラムと主な特徴

 前述のとおり、Radeon HD 3800のコアはRadeon HD 2900とほぼ同様の構成、機能を備えている。演算ユニット「Stream Processor」の数は320、テクスチャユニットは16など、基本的な仕様も同様である。その代わり、Radeon HD 3800にはDirectX 10.1に対応するための機能が備わっている。米AMDでデスクトップ製品のプロダクトマーケティング ディレクターを務めるディビッド・カミングス(David Cummings)氏によれば、Radeon HD 3800と2900はほぼ同様のコアであるが、この追加機能の有無により、Radeon HD 2900はDirectX 10.1に対応できないとしている。

Radeon HD 3870、3850、2900 XTのスペック比較
Radeon HD 3870、3850、2900 XTのスペック比較

 なおDirectX 10.1では、アンチエイリアシング処理をよりアプリケーション側が細かく設定できる「プログラマブルアンチエイリアシング」、最大8枚のバッファーへの同時レンダリング(マルチターゲットレンダリング)など、細かい改良が施されている。

DirectX 10.1対応のデモ「ピンポン」 DirectX 10.1対応のデモ「ピンポン」。約3000個の球体に周囲の複数の光源からの光が映り込む

 しかし、一方でRadeon HD 3800はビデオメモリーとのインターフェースが縮小されており、Radeon HD 2900の512bitに対して、256bitと半減している。そのほかにRadeon HD 3800では、マザーボードとのインターフェースが新たにPCI Express 2.0に対応した。HDビデオ再生支援機能「Avivo HD」については、Radeon HD 2900と同様の機能を備えている。

Radeon HD 3870、3850搭載カードの仕様 Radeon HD 3870、3850搭載カードの仕様
PCI Express 2.0と1.0でゲームを実行した際の性能比較 HDビデオ再生時のCPU負荷比較
Radeon HD 3850で、PCI Express 2.0と1.0でゲームを実行した際の性能比較。10~20%程度の向上が見られるRadeon HD 3870と米NVIDIA社のGeForce 8600 GTSでのHDビデオ再生時のCPU負荷比較。3870の方が10%強~15%弱程度負荷が低く済む

最大4枚差し!「CrossFireX」

8ディスプレー環境で、「Flight Simulator X」を動作させた様子
4枚のグラフィックスカードを装着し、それぞれに2台のディスプレーをつないだ8ディスプレー環境で、「Flight Simulator X」を動作させた様子

 Radeon HD 3800シリーズは、複数のグラフィックスカードを対応マザーボード上に装着してグラフィック性能を高めるマルチGPU機能「CrossFireX」に対応している。従来からあるRadeon HDシリーズのマルチGPU機能「CrossFire」の強化版と言えるもので、2~4個のGPUを接続して性能を劇的に強化できる。また、各グラフィックスカードから別々に画面を表示させれば、4枚のグラフィックスカードで最大8画面同時表示が可能である。

Radeon HD 3870のCrossFireX構成と単独の性能比較 Radeon HD 3870のCrossFireX構成と単独の性能比較

 CrossFireX構成を取るグラフィックスカードは、カードそれぞれを専用ケーブルで接続する。従来のCrossFireではカード同士の接続につき2本のケーブルが必要であったが、CrossFireXでは1本で済む(4枚装着時は各カード間で合計3本)。

カード2枚によるCrossFireX構成のサンプル Radeon HD 3850搭載カード2枚によるCrossFireX構成のサンプル

 またAMDでは、1枚のグラフィックスカード上に2つのRadeon HD 3870を搭載する「Radeon HD 3870 X2」というエンスージアストユーザー向けのソリューションを、2008年1月頃に投入を予定している。3870 X2であれば、カード2枚で4GPU構成を実現できる。

Radeon HD 3800シリーズの市場セグメント Radeon HD 3800シリーズの市場セグメント。HD 3800は150~250ドルの価格帯を狙う。現在HD 2900 XTが占めているゾーンは、HD 3870 X2が担う

 Radeon HD 3800シリーズは、150~250ドル(約1万6650円~2万7750円)程度の価格帯を狙い、年末商戦に向けて投入される。競合する米エヌビディア社の製品と比較した場合、演算ユニット数やクロック周波数から想定して、性能面では「GeForce 8800 GT」と同等、もしくはやや及ばない程度かと予想される。しかし、最新のDirectX 10.1をいち早くサポートしたうえRadeon HD 2900 XTを上回る性能のGPUが、実売価格で3万円前後の価格帯で登場するとなればインパクトは大きい。高いコストパフォーマンスに注目が集まると期待される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART