このページの本文へ

中国のモバイルコンテンツが日本に初上陸

fonfun、ケータイ向けRPG「武神伝」をau携帯電話機向けに提供

2007年11月08日 20時41分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)fonfunは8日、中国のケータイ向けコンテンツプロバイダー「空中網」のRPG「侠侶仙跡」を日本向けに移植した「武神伝」をau携帯電話向けに本日提供開始したと発表した。同社によれば、中国のモバイルコンテンツが日本で提供されるのはこれが初めてという。利用料金は1ダウンロード315円。

部神伝 武神伝のゲーム画面

 武神伝は古代中国を舞台にした長編RPG。メインストーリーだけでもプレイ時間は10時間を超え、数多くのイベント会話や隠されたサブストーリーが盛り込まれている。中国ではJavaアプリとして提供されているゲームで、fonfunの子会社である合肥網村信息技術有限公司によってauのBREW向けに移植されたという。

 対応機種はauのWIN対応携帯電話機。アクセスするには、“EZトップメニュー→カテゴリで探す→ゲーム→ロールプレイング→武神伝”とたどる。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン