このページの本文へ

実売5万円台半ば コストパフォーマンスで勝負!

アイ・オー、地デジチューナー内蔵19インチ液晶ディスプレーを発表

2007年11月08日 20時00分更新

文● 編集部 橋本 優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)アイ・オー・データ機器は9日、地上デジタルチューナーを内蔵した19インチワイド液晶ディスプレー「LCD-DTV191XBR」を11月下旬に発売すると発表した。価格はオープンプライス。想定実売価格は5万4800円。

「LCD-DTV191XBR」
「LCD-DTV191XBR」

 コストパフォーマンスに優れているのが最大の特徴。自社開発の地デジチューナーモジュールを内蔵し、電源投入から映像表示まで約5秒、チャンネル切り替えが約2秒という高速な立ち上がり/切り替えも特徴となる。

地デジチューナーモジュール
地デジチューナーモジュール
付属のリモコン 右側面には操作ボタンを配置
付属のリモコン右側面には操作ボタンを配置

 全12チャンネルの4時間分の番組を表示できる電子番組表(EPG)を搭載。番組を選択することで番組内容の表示や視聴予約が行なえる。データ放送には非対応。映像入力はコンポーネント(D4)、パソコン用アナログRGB、Sビデオ/コンポジットとなり、デジタルの映像入力は備えない

記事掲載当初、「全13チャンネル」としていましたが、メーカーより「全12チャンネル」と資料の訂正の連絡が入りましたので修正しました。(2007年11月9日)

電子番組表
電子番組表
背面の映像入力端子
背面の映像入力端子

 表示解像度は1440×900ドット(WXGA+)で、視野角は上下左右160度、最大輝度は300cd/m2、コントラスト比は1000:1、応答速度は5msとなる。本体サイズは幅526×奥行き150×高さ422mm、重量は7.6kg。

 なお、日本ヒューレット・パッカード(株)では、同社のデスクトップパソコン「Pavilion Desktop PC ウインターモデル(s3000、s7000シリーズ)」と「LCD-DTV191XBR」をセットにしたモデルを9日から販売する。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART