このページの本文へ

ウィジェットをデスクトップに常駐させて使える?

2007年11月05日 05時59分更新

文● 小原裕太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【問】ウィジェットをデスクトップに常駐させて使える?


  • a. 使えない
  • b. 「ターミナル」を利用すれば使えるようになる
  • c. オンラインウェアを利用すれば使えるようになる

【答】

 Dashboardのウィジェットは、Dashboardを表示中にしか利用できないと思われがちだが、「ターミナル」を使って隠し機能を有効にすると、ウィジェットをデスクトップに表示させたままにできる。

 方法は、「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダーの中にある「ターミナル」を起動し、コマンドを入力して、「return」キーを押す。

Termnial
隠し機能を有効にするには、「ターミナル」を使ってコマンド「defaults write com.apple.Dashboard devmode -boolean YES」と入力して、「return」キーを押したあと、Macを再起動する

コマンド
defaultsspace keywritespace keycom.apple.Dashboardspace keydevmodespace key-booleanspace keyYESreturn key

Macを再起動したあと、Dashboardを表示させよう。そしてデスクトップに常駐させたいウィジェットの上にマウスカーソルを合わせ、マウスのボタンと「F12」キーを押してDashboardの表示を終了させる。クリックしていたウィジェットがデスクトップ上に残るはずだ。デスクトップに残ったウィジェットをDashboard内に戻す際は逆の操作を実行すればいい。

Widget Widget
デスクトップに残ったウィジェットを非表示にするのは、カーソルを合わせ「option」キーを押すと現れる「×」ボタンをクリックでも表示されなくなるが、その場合Dashboard上からも消えてしまう

Dashboard内での操作と同様に、「i」アイコンをクリックして設定の変更も可能だ。

 隠し機能を無効にするには、再度「ターミナル」で有効にしたときと同じコマンドの末尾を「YES」から「NO」に変えて入力して、「return」キーを押せばいい。Macを再起動すると隠し機能が無効になる。

 もちろん、ターミナルを使うのが苦手なユーザーには、オンラインウェアを使う方法もある。「Dash Menu」をインストールすれば、デスクトップに表示させたいウィジェットをメニューバーからコントロールできる。

Dash Menu メニューバーからウィジェットをデスクトップに表示できる「Dash Menu」。リストに表示されるのは、Dashboard上で表示状態になっているウィジェットだ 作者/Studio GIGA 種別/フリーウェア

 ということで、正解はbとcだ


(MacPeople 2007年9月号より転載)


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中