このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

怪物王女が遂にキタ! レイリのパンツが明らかにっ! 巨大アナ・コッポラもプニ萌え!

2007年10月27日 23時59分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日普段あまり顔を合わせない友人と会った。まぁ、彼もヲタなので、当然のごとくアニメの話になり、これまた当然のごとくSchool Daysの話になったのだ。
 そこで彼が言い出した。

「言葉(ことのは)のヤンレデっぷりは、よかったよ~」

 おお!“ヤンデレ”を日常会話で使うヤツをはじめてみたよっ!
 “ヤンデレ”とは、(おもにエロゲーの)主人公に“デレデレ”の女の子キャラで、その思いが届かなく心が“病んで”いく娘のこと。リアルに病弱な「アルプスの少女ハイジ」のクララや「とんがり帽子のメモル」のマリエル、「リリカルなのは」の(昔の)はやてちゃんは、“ヤンデレ”じゃぁない!

そりゃタダの病人である。タダの“病んでる”だ。

 調べてみたら『ヤンデレ大全』ってな本まで出てたのかっ! しかもヤンデレオンリーの同人誌即売会まで!
 病んでいく女の子が好きなマニアってのは、そんなにもいたのかよっ! っつーか、なんか時代に乗り遅れて、スッゲー悔しい! 無理してでも好きになちゃる! しかし能天気にパンチラしてくれるキャラが好きな筆者にとって、ヤンデレを好きになる壁は高そうだ……。
 そこで、メーカーさんに提案!
 瞳のハイライト(光ってる部分)をなくしたヤンデレVer.を売り出したらどうだろう? 言葉のライセンス取ってるメーカーさん!試しにやってみてクレー!
 さて今宵は、ヤンデレキャラがいないけど、とりあえず行ってみよう!

冷酷非道な姫とふがっ! 
バンバイアと犬もいるぜ!

 個性の強い美少女たちが共演していた「怪物王女」。まあ連載中の漫画が原作だけに、ビシッ!と締めることはできなかたったが、テレビシリーズは多くのマニアを魅了した。
 今日はその怪物王女から、姫とフランドル、そして令裡とリザがそれぞれセットになったフィギュアが発売されるとのことだ。写真はすべてクロノ∞ゲートのプレスリリースより。
 まずは、姫ことリリアーヌとフランドルのセットがコレだ!

姫&フランドルのセット
左が姫、そして右がメイドロボのフランドル (C)光永康則・講談社/怪物王女製作委員会

 真っ黒なゴスロリに身を包み、いつのもチェーンソーの姫は、かなかな似ている! そして激似! 爆似! 超似てるのが、右のフランドルだ!

 今にも「ふがっ!」とか言いそう!

 まずは姫から見てみよう。

 
向かって左から 右から
アニメOPがモチーフか?なかなか動きのある作り!

 おお! 髪の具合いが、チェーンソーをブン回しているところを見事に表現! 前足のかかとが地面についていて、後ろ足のかかとが上がってるところから見ると、走ってきてこれらからチェーンソーを振り回す瞬間だ。重いチェーンソーの加重がしっかり足の上にかかっているように見える、重心がかなり計算された造型だ。
 チェーンソーは重いから、後ろの足を踏ん張らせたポージングにしちゃいがちだけど、両足のかかとが地面にくっついてると、動きがなくなっちゃう。だから、あえて爪先立ちなんだろう。素晴らしい!
 姫のお顔も、アニメのイメージピッタリ。

 
上半身 ウェストアップ
ほそ面の姫がウマく再現されてる

 なにより、黒と黄色、そして赤ってのは、工事現場のイメージカラーで危険な姫のイメージがビンビン伝わってくるぜ!
 そしてお付きのメイドロボ、フランドルはコレ!

フランドル
いや~、このスッとぼけた顔は、最高っす!

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社