このページの本文へ

古田雄介の“顔の見えるインターネット” ― 第10回

99%がウソ記事!?──「虚構新聞社」の社主が語る、ノンフィクションな本音

2007年10月29日 19時00分更新

文● 古田雄介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「鏡子さん」もいません


── 現在の社員数は1名と書かれていましたが、鏡子さんはもう参加されていないのですか?

UK氏 UK氏は、物腰の柔らかい20代後半の癒し系男性だった。郷土愛あふれる彼が手に持っているのは、ネットで人気を集める「ひこにゃん」。地元・滋賀県で行われている「彦根城築城400年祭」のイメージキャラクターだ

UK あー、鏡子さんはもともと存在しないです。脳内秘書ということで(笑)。

 「鏡子」をローマ字にすると「KYOKO」でしょう? そのまま「虚構」と読めるわけです。つまり、まあ、ずっと一人で運営しています。どこかでサイト紹介を見たら、「大学生の3人組が作っているらしい」とか書かれていましたが(笑)。

 2ヵ月に1回くらい、「虚構新聞の記者になりたい」って書かれたメールがが届くんです。あるいはネタだけ送ってきて、これ使ってくださいとか。でも残念ながら全部使いません。僕の中で虚構新聞は自分のサイトというのが原則なので、ほかの人とチームを組むことは今後もないですね。


── でも、たまに読者から記事を募集するようなネタ記事を書いていますよね。今だと「秋の俳壇」コーナーで、次回「冬の俳壇」の俳句を受け付けていたり(笑)。本気にとらえる人は、やっぱり出てきますよ。

UK すいません(笑)。確かにちゃんと投稿してくれた人も2、3人いたんですよ。ただ、仮に次回やったとしても、残念ながら使わないです。

 最初はちゃんとお断りのメールを送っていたんですけど、数が多くなってきて面倒になってしまって。申し訳ないですけど、今は返事なしで「分かってください」みたいな感じになっています。



「お願い」ページと広告だけは本物


── なるほど。では虚構新聞紙面で言っていることは、とりあえずウソと捉えたほうがいいと(笑)。

UK あ、でも本当の情報もたまに混ざっています。とりあえず「お願い」ページと、Amazonやスポンサー欄の広告は本当ですから。


── あと、「発行所」から察するに、UKさんは滋賀県にお住まいですね?

UK そうです(笑)。

お願いページ 「お願い」のページには、虚構新聞を楽しむための基本ルールが記載されている。とりあえずはココを熟読すべし

(次ページに続く)

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART