このページの本文へ

社内ベンチャーでサービススタート

誰でもなれるTシャツデザイナー リスク無しで販売可

2007年11月01日 00時00分更新

文● 岡本善隆(編集部) 撮影●小林伸、篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

月刊アスキー 2007年12月号掲載記事

デザインガーデンWebサイト
画像をアップロードするだけでTシャツを作成、販売できる「DESIGN GARDEN」。

 数あるユーザーコンテンツの中でも、日本のユーザーが特に得意とするイラストやデザイン。そんな自分で考案したデザインのオリジナル商品を発表・販売できる新たなネットサービスが「DESIGN GARDEN」(デザインガーデン)だ。

月刊asciiオリジナルTシャツ
これがデザインガーデンで作成した月刊アスキーのオリジナルTシャツだ。ただし、同サイトで購入することはできません。ごめんなさい。

 このサービスではTシャツのほか、ポストカード、ブックカバー、マグカップ、タンブラーの計5種類の商品が作成できる。その作成方法は自分でデザインした画像をWebブラウザ経由でアップロードするだけ。商品は最低販売価格こそ用意されているものの(もっともシンプルなTシャツで2100円)、自由に価格設定してデザインガーデン上で販売できる。

サイト上の商品
実際に販売されている商品の例。プロのデザイナー顔負けのものも少なくない。デザイン提供:デザインエクスチェンジ株式会社

 販売に際しては、デザイン登録者が在庫を抱える必要はまったくない。注文が来るたびに1枚単位で提携工場内の業務用インクジェットプリンタによって印刷され、購入者の手元に発送される。これらの商品や代金の受け渡し処理はすべてサイト側のシステムにお任せ。それでいて販売価格の20%をロイヤリティとして受け取ることができる。つまり、自身のある商品ならそれなりの価格に設定すれば、その分大きな収益を得られることになる。さらに、アフィリエイトシステムも用意されているので、ブログサイトなどから自分の商品のページに誘導することでロイヤリティ(5%)も別途発生する。登録した本人はデザインと宣伝の部分で頑張れば収益があがる仕組みだ。

富士フイルムイメージング山口氏
会社に企画を提案した山口耕司氏。このサービスで海外進出の夢を果たしたいと語る。

 このサービスを運営しているのは富士フイルムの子会社である富士フイルムイメージング。実は社内の新規事業コンテストで選ばれ、提案者みずからサービスをスタートすることになったという。印刷を通じて、コンシューマーと繋がりを持つのは同グループの得意とするところ。会社のリソースを上手く用いた社内ベンチャーと言える。 Tシャツのデザインを募集して売るという、ビジネスモデルやシステムは確立しているため、あとはネット上のムーブメントやユーザーの繋がりに入り込み、どうサービスの知名度を上げていけるかがポイントになりそうだ。


販売せずに、自分で買うだけでもOK!

画像をアップロード

商品に印刷できる範囲は限定されており、その範囲に上手く収まるような画像データを作成し、Webブラウザ上でアップロードする。商品は販売せずに自分が買うだけの設定も可能(個人のイベント用などにも便利かも)。デザインはちょっと……という人でも、デジカメで撮影した動物写真など、アイデア次第で人気商品を作る余地はあるので、まずは自分用に作成してから自信作を販売するというのも有りだろう。

カテゴリートップへ