このページの本文へ

2年半ぶりのメジャーアップデート!!

アップル、待望の「Mac OS X Leopard」を10月26日午後6時に発売

2007年10月16日 22時32分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は16日、Mac OS Xのメジャーアップデート「Mac OS X Leopard」(Mac OS X 10.5)を10月26日午後6時より発売すると発表した。価格はシングルユーザーライセンス版が1万4800円、同一住居内に住む5人ぶんのユーザーライセンスを含むファミリーパック版が2万2800円。

Mac OS X Leopard 動作システムは、PowerPC G4 867MHz以上またはインテル製CPUを搭載したMac。2007年10月1日以降に対象のMacを購入したユーザーは、「Mac OS X Up-To-Dateアップグレードパッケージ」を送付手数料のみの1280円で入手できる

64ビットOSである「Mac OS X Leopard」は、前バージョンにあたるMac OS X 10.4(Tiger)が'05年4月29日に発売されて以来、実に2年半ぶりのメジャーアップデートだ。実に300以上の新機能が搭載されており、Macの顔とも呼べるFinderのデザインも一新。アプリケーションを開かなくても汎用ファイルの内容を確認できる「Quick Look(クイックルック)」や仮想デスクトップ「Spaces(スペーシズ)」、ハードディスクの内容を過去に向かってブラウズできる履歴付きバックアップ機能「Time Machine(タイムマシン)」などを新たに搭載している。

Mac OS X Leopard
3D化されたDockでは、フォルダー/スマートフォルダーの内容を展開して一覧できる「Stacks(スタックス)」機能が最大の特長。アクティブウィンドウの影がより濃くなり、立体感が強まっている

Finderにはアイコン/リスト/カラム表示に加えて、iTunesやiPodでおなじみのCover Flow表示を搭載。共有機能面では、Mac間での画面共有/操作のリモートコントロールが簡単に実現できるほか、.Macメンバーは「どこでもMy Mac」機能を使ってインターネット経由で遠隔地にあるMacのボリュームをブラウズできる。また、Boot CampやSafari 3の完成版が搭載されるとともに、ステーショナリデザインやメモ機能、ToDo機能を備えたMail、表現力を増してPhoto Booth効果も使えるiChatなど付属ソフトも軒並みアップデート。日本のユーザーには、「大辞泉」「プログレッシブ英和中辞典」「プログレッシブ和英中辞典」「使い方の分かる類語例解辞典」といった拡張辞書ソフトを搭載した点もありがたい。

オンラインのアップルストアでは16日より予約の受付を開始しており、発売当日である26日に届くとうたっている。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中