このページの本文へ

キーボードレイアウトの変更からSSD化まで

LOOX U最強カスタマイズ大全

2007年10月22日 11時31分更新

文● 宮里圭介、イラスト●古川誠之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キーレイアウトを自分好みにカスタマイズしよう!


クセのあるレイアウトをフリーソフトで変更する


 タッチタイプ可能なキーサイズを確保するため、LOOX Uのキーボードはキー数が極端に少なくなっている。省かれたキーはFn(ファンクション)キーとの組み合わせで入力できるが、快適に打つには若干の慣れを必要とする。

LOOX Uの標準キーレイアウト

LOOX Uの標準キーレイアウト
アルファベットと記号の入力が快適になるよう配置されており、カーソルキーなどはそのままでは入力できない。

Fn(ファンクション)キー押下時

Fn(ファンクション)キー押下時
F1~F12までのファンクションや、カーソルといったキーが使える。日本語でよく利用する“ー”(長音)もこちらだ。

 そこでオススメなのが、キーレイアウトを自分で変えてしまう方法だ。キー数は変わらないとはいえ、よく利用するカーソルキーなどを単独で入力できるようにするだけで驚くほど快適になる。不満に感じる部分を少しずつ変更し、自分好みのレイアウトに仕上げよう。

KeySwap(フリーソフト)

KeySwap 本来とは違うキーコードを割り当てられるソフト。レジストリを変更するため常駐させる必要はない。ビスタでの利用は“管理者として実行”する必要がある。

●作者 愛とゆり氏 http://www.asahi-net.or.jp/~ee7k-nsd/



レイアウト変更手順


管理者として実行 キーの登録と終了
【管理者として実行】ダウンロードした“keySwap.exe”を右クリックし、“管理者として実行”を選択。【キーの登録と終了】変更するキーと、割り当てるキーコードを右の一覧から選択。“終了”ボタンを押して設定を登録しよう。
メモ帳で確認
【メモ帳で確認】再起動後、レイアウトが変更されているかを確認。メモ帳で試し打ちするとわかりやすい。


おすすめキースワップ設定例


1 移動しやすいようカーソルキーを優先

カーソルキー優先
通常の押下と、Fnキーを組み合わせた押下とを入れ替えた例。入れ替えの逆方向設定も忘れずに。メールを書く場合などのキー入力で、カーソルキーを優先的に使いたい場合にオススメ。


2 日本語入力時に使う長音・句点を優先

長音・句点を優先
「ー」や「。」を単独キーで入力できるようにした例。1の設定を行なっていない場合、句点の指定は「+」→「>」(Fnが不要)となる。日本語入力の機会が多い人にオススメ。


3 変換キーをTabに置き換える

変換キーをTabに
Tabキーを単独に変更する例。ソフト切り替えの“Alt”+“Tab”が使いやすくなる。普段使うことの少ない変換キーに割り当てている。

キースワップは、カッコ内の設定も同時に行なわないと元のキーが入力できなくなるのでご注意ください。


外付けキーボードをつなぐ場合の注意点


 レイアウト変更はすべてのキーボードに適用されるため、外付けキーボードを使うとメチャクチャな配列になってしまう。こんなときは『KeySwap』でレイアウトを削除し、再起動しよう。なお、変更したレイアウトは保存しておけるので、再度レイアウトを変更したいときも簡単に戻せる。

複数のレイアウトを保存可能
【複数のレイアウトを保存可能】「設定の削除ができるので、元に戻すのが簡単。レイアウトをファイルに保存しておけば、再設定もラクだ。
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 arrows Tab RH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通
  • 富士通