このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

国内プレス向け説明会フォトリポート

早速触った、iPod touch! 気になるポイントチェック!!

2007年09月07日 05時14分更新

文● MacPeople編集部 写真●荻窪 圭、MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デジタル業界の話題をさらった新しいiPodシリーズ。中でも、国内では販売されていないiPhoneと同じく、マルチタッチスクリーンテクノロジーを採用した「iPod touch」に注目が集まっている。6日、東京・表参道で開催されたプレス向け説明会で撮影した写真をもとに、その製品に迫ってみよう。


iPhoneライクなiPod touchの容姿

iPod touch
正面からパッと見ただけではその区別が付かないiPod touch(左)と、iPhone(右)。ただし、構成するソフトが異なることはもちろん、わずか15gの違いとはいえ手に持ったときの感覚が明らか違い、iPod touchのほうが断然軽く感じられる(iPod touchが120g、iPhoneが135g)
iPod touch iPod touch iPod touch
背面を見ると、iPod touchとiPhoneの違いは一目瞭然だ。iPhoneがnanoやshuffleのようにアルマイト処理されたアルミ製なのに対して、iPod touchは同じアルミ製でも鏡面処理。厚さもiPod touchのほうが3.6mmほど薄い。また、iPhoneでは側面に配置されていたボタン類がiPod touchではなくなり、イヤホン端子も底面に取り付けられている。iPod touchの背面左上のプラスチック部には、IEEE 802.11b/g対応の無線LANのアンテナがある

iPod touchの内蔵ソフト

iPod touch
iPod touch前面の下にある「□」ボタンを押すと、内蔵ソフトにアクセスするホーム画面が現れる。画面の下には「ミュージック」「ビデオ」「写真」「iTunes」の各アイコンが並び、PDAではなくあくまでiPod(プレーヤー)であるということを主張している
iPod touch 「写真」をクリックするとiPhotoと同期したフォトライブラリーを閲覧できる。指のタップで項目を選択し、各写真の表示では画面をつまむように操作すると縮小、指を開くと拡大可能。iPhoneの操作性とまったく同じだ
iPod touch 基本的にMacのiTunesに登録された動画を閲覧するための「ビデオ」。iPod touchの発売に合わせて「iTunes Wi-Fi Music Store」がオープンするため、iPod touchで直接ムービーを購入することもできる
iPod touch
ウェブブラウザーとして「Safari」を搭載。写真の閲覧と同じく、指先のつまむ/開く動作で画面を縮小/拡大できる。もちろん、iPod touchを横にすれば画面も横位置に切り替わる
iPod touch iPod touch
「YouTube」の専用閲覧ソフトも付属。画面下に表示される「おすすめ」「人気」「ブックマーク」「検索」アイコンをクリックして、見たいムービーを探す。再生時はフルスクリーン表示になる
iPod touch iCalと同期してiPod touchで予定を確認するための「カレンダー」。iPod touchでは新規入力ができないため、あくまでビューアーという位置づけだ
iPod touch アドレスブックと同期する「連絡先」。「カレンダー」とは異なり、こちらには「+」ボタンが用意され新規項目を作成可能

(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中