このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

DVDビデオ作成ソフト

レビュー:ImageMixer 3 Mac Edition

2007年09月05日 20時00分更新

文● 栗原 亮

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビデオカメラの素材をラクラク編集&DVD化


ImageMixer 3 Mac Edition 【SPEC】
開発/販売元●(株)ピクセラ 価格●9980円(ダウンロード販売のみ)
http://www.pixela.co.jp/

対応システム●OS X 10.3.9以降 対応機種●PowerPC G4 1GHz以上、またはインテルCPUを搭載したMac

【COMMENT】
動画編集の初心者にはお勧めのソフト。しかし、これといって目玉になる機能がなく、iMovie '08と比べると見劣りしてしまう。


 「ImageMixer 3 Mac Edition」は、DVD/ハードディスクビデオカメラで撮影したムービーデータをMacに取り込んで、オリジナルのDVDビデオを作成できるオーサリングソフトだ。

 Macにビデオカメラを接続すると、カメラ内に保存されている映像をiTunes風のウィンドウでプレビューできる。

ImageMixer 3 Mac Edition ImageMixer 3 Mac Edition
ビデオカメラをMacに接続すると、画像がサムネール表示される。取り込みたいムービーを選択して「読み込み」ボタンをクリックすれば、ライブラリーに登録される

ムービーを読み込んでアルバムをテーマ別に作成したり、「スマートアルバム」機能を使って指定した条件に合ったムービーを自動で抽出することも可能だ。

ImageMixer 3 Mac Edition 「歯車」アイコンの「新規スマートアルバム」では、条件検索したムービーをリアルタイムに抽出できる。条件を作成すると、スマートアルバムリストへ自動的に保存される

読み込んだムービーの数が増えるほど、検索機能の効果を実感できるだろう。

 任意のムービーを選択してインターフェース下部の「動画編集」ボタンをクリックすれば、ムービーの簡易編集も可能。

ImageMixer 3 Mac Edition
ムービーの編集画面。タイムライン上から必要な部分だけトリミングできる。左下の操作ボタンを利用すれば、フレーム単位で細かく調節可能

ただし、編集できる内容は、不要な映像を削除するトリミング作業のみで、効果を加えるなどの高度な編集はできない。トリミングしたムービーは、ライブラリーの動画結合リストに自動で追加される。ここからファイルの順番を並べ替えて「統合」ボタンを押せば、1本のムービーが完成する。画像サイズやアスペクト比、フレームレートなどが異なるとエラーが発生して統合できないので、取り込む際にビデオカメラ側で設定を済ませておくよう心がけよう。

 H.264(MPEG-4 AVC)圧縮を採用する「AVCHD」形式には非対応で、使い勝手の面ではiMovie '08に分がある。HD画質で撮影可能なビデオカメラがサポートされていないのも残念だ。本ソフトは、SD画質のムービーデータを手軽に編集したいライトユース向けと言えるだろう。


(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中