このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ソニー、2007年秋冬モデルのノートパソコン新製品を発表

Santa Rosa+GeForce 8Mでパワーアップ type S

2007年09月03日 15時00分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Santa Rosa+GeForce 8Mでパワーアップ type S

“type S”『VGN-SZ74B/B』 最新プラットフォーム搭載でパワーアップした“type S”『VGN-SZ74B/B』

デスクトップ並みの性能とモバイルノートの携帯性を兼ね備えた、パフォーマンスモバイルノートの“type S”シリーズは、インテルのプラットフォーム技術“Centrino Duo プロセッサー・テクノロジー”の最新版、コード名“Santa Rosa”(サンタロサ)ベースへと更新され、従来機種よりも大きくパワーアップした点を特徴としている。

なお、ほかの秋冬モデルから搭載されたアプリケーション(『VAIO MusicBox』など、関連記事)は搭載されていない。

店頭モデルの上位機種『VGN-FZ74B/B』の場合、CPU自体は従来と変わらないCore 2 Duo T7300(2GHz)であるものの、システムバス(FSB)は800MHzに高速化されている。またチップセットもIntel GM965 Expressに変更された。GPUをチップセット内蔵機能と独立GPUで切り替える“ハイブリッド・グラフィックシステム”を採用しており、GM965内蔵GPUと新たに搭載したDirectX 10対応GPU GeForce 8400M GSを任意に切り替えることで、グラフィックス性能とバッテリー駆動時間の両立を実現している。

13.3インチワイドサイズ(1280×800ドット)の液晶ディスプレーや、重量1.98kgのボディー、ウェブカメラや指紋認証センサー、TPMセキュリティーチップの標準搭載などの特徴は従来と同様である。

『VGN-SZ94US』 カーボンファイバーパネルとLEDバックライトの採用でより軽量な『VGN-SZ94US』

店頭モデルもパワーアップされているが、type Sシリーズの本命はVOMモデル、それも“カーボンファイバー積層板”を液晶ディスプレー部天板に使い、さらなる軽量化を実現した“VGN-SZ94”シリーズであると言える。

Santa Rosa対応やGeForce 8400M GS搭載といった強化点はそのままに、カーボンファイバーとLEDバックライト採用による薄型・軽量化により、重量は約1.69kgと軽くなっている。ボディー全体のカラーリングも変更された。従来はグレーだったキーボードやタッチパッド部分が本体と同系色のブラックに変更され、鋭角的なボディーと合わせて高級感を増している。また、天板のカラーバリエーションが変更され、マットなブラックのほかに、新色の“プレミアムブラウン”の2色になった。

“プレミアムブラウン”(左)と“ブラック” SZ94シリーズのカーボンファイバーパネルの2色。銅のような印象の“プレミアムブラウン”(左)と“ブラック”

VOMモデルはほかにも、CPUに最高でCore 2 Duo T7700(2.40GHz)を選択可能なほか、OSにWindows Vista Ultimateを選択できる。また、SZ94シリーズはHDDにHybrid HDDを搭載したり、無線LANにIEEE 802.11n(ドラフト2.0)対応を選択可能となっている。

店頭モデルの主な仕様と予想実売価格価格は以下のとおり。発売予定日は9月8日。VOMモデルの最小構成価格は16万円前後。

VGN-SZ74B/B
CPU:Core 2 Duo T7300(2GHz)|メモリー:DDR2-667 1GB|グラフィックス:GeForce 8400M GS/Intel GM965 Expressの切替式
ディスプレー:13.3インチワイド 1280×800ドット|HDD:160GB|光学ドライブ:DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ|無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g
サイズ:幅315×奥行き234.3×高さ36.4mm|重量:約1.98kg|バッテリー駆動時間:約5.5時間|OS:Windows Vista Home Premium
予想実売価格:23万円前後
VGN-SZ54B/B
CPU:Core 2 Duo T7100(1.80GHz)|HDD:120GB|それ以外の主な仕様はVGN-SZ74B/Bと同等
予想実売価格:20万円前後

店頭モデルもCore 2 Duo搭載! type T

“type T”『VGN-TZ71B』 Core 2 Duo搭載に強化された“type T”の店頭モデル『VGN-TZ71B』

光学ドライブ搭載で約1.22kgの軽さと長時間駆動が魅力の“type T”シリーズは、新製品では店頭販売モデル1機種のCPU強化が主な特徴となっている。

従来機種の『VGN-TZ50B』は、CPUに超低電圧版Celeron M 443(1.20GHz)を採用しており、性能と消費電力に優れたCore 2 Duoプロセッサーは、VOMモデルでしか選択できなかった。しかし、今回の新製品『VGN-TZ71B』は、CPUにCore 2 Duo U7500(1.06GHz)を搭載。デュアルコア化による性能向上に加えて、バッテリー駆動時間も添付の“標準バッテリーパック(L)”使用時で、約11時間(JEITA測定法1.0)という長時間駆動を実現している。

CPU以外の変更点は特になく、GPU内蔵のIntel 945GMS Expressチップセット内蔵、11.1インチワイドサイズ(1366×768ドット)液晶ディスプレー搭載、重さ約1.22kgといった特徴は変わっていない。ワンセグチューナーも引き続き内蔵している。

店頭モデルの主な仕様と予想実売価格価格は以下のとおり。発売予定日は9月8日。なお、VOMモデルは継続販売となる。

VGN-TZ71B
CPU:Core 2 Duo U7500(1.06GHz)|メモリー:DDR2-533 1GB|グラフィックス:Intel 945GMS Expressチップセット内蔵
ディスプレー:11.1インチワイド 1366×768ドット|HDD:80GB|光学ドライブ:DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ|TV機能:ワンセグチューナー内蔵|無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g
サイズ:幅277×奥行き198.4×高さ29.8mm|重量:約1.22kg|バッテリー駆動時間:約11時間|OS:Windows Vista Home Premium
予想実売価格:25万円前後

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART