このページの本文へ

AMD、TDP 89Wの日本限定CPU『Athlon 64 X2 6000+』を発表!

2007年08月31日 17時42分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本エイ・エム・ディ(株)(日本AMD)は31日、デュアルコアCPU“Athlon 64 X2”シリーズの新製品『AMD Athlon64 X2 デュアルコア・プロセッサ 6000+(89W版)』(以下6000+ 89W版)を発表した。既存のAthlon 64 X2 6000+と比べて、大幅な低消費電力化を実現している。参考価格は約2万5000円。

6000+ 89W版は、90nmプロセスで製造された動作クロック周波数3.0GHzのCPUでありながら、TDP(Max Thermal Power、熱設計時消費電力)が89Wとなっている。既存のAthlon 64 X2 6000+のTDPが125Wなのと比較して、大幅な低消費電力化を実現している。このCPUは日本市場限定で販売される。

アーキテクチャー面では従来の6000+からの変更はなく、AMD 64アーキテクチャーを備えた64bit デュアルコアCPUとなっている。2次キャッシュは2MB(コアごとに1MB)を内蔵。対応ソケットはSocket AM2で、対応メモリーモジュールはDDR2-800(Unbufferd)までとなっている。

同社では6000+ 89W版を、現在Athlon 64 X2 5000+などを利用しているユーザーのアップグレード用に適するとして訴求していくという。

なおASCII.jpでは、6000+ 89W版と従来の6000+を比較した検証記事を掲載する予定である。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART