このページの本文へ

インテルMac対応の汎用CADにお得なセット登場

エーアンドエー、「VectorWorks」と「RenderWorks」のバンドルパックを発売

2007年08月30日 22時28分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エーアンドエー(株)は29日、CADソフト「VectorWorks 12.5J」と「同DX 12.5J」にレンダリングモジュール「RenderWorks 12.5J」をバンドルした「+RenderWorks」シリーズ2製品を8月31日より発売すると発表した。

VectorWorks+RenderWorks 12.5J「VectorWorks+RenderWorks 12.5J」では、「VectorWorks 12.5」の基本パッケージに豊富なレンダリング機能を提供する「RenderWorks 12.5J」をバンドル。価格は22万500円
VectorWorks DX+RenderWorks 12.5J高機能版の「VectorWorks DX 12.5J」と「RenderWorks 12.5J」のパッケージが「VectorWorks DX+RenderWorks 12.5J」。こちらは「VectorWorksデザイナーズBOX」として販売されていた。価格は32万5500円

Macintosh版の対応OSはOS X 10.3.9および10.4.1〜10.4.9、対応機種はPowerPC G4以上またはインテルCPUを搭載したマシン。Windows版の対応OSはWindows 2000/XP/Vista(32/64ビット版)、対応機種はPentium 3以上のCPUを搭載したマシンだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中