このページの本文へ

レイ・アウト、リモコン付きのFMトランスミッターを発表

2007年08月23日 20時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)レイ・アウトは23日、カーチャージャー付きiPod用FMトランスミッター“RT-IFMT1”シリーズを9月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、編集部による予想販売価格は8480円。

ホワイトモデル ブラックモデル
ホワイトモデルの『RT-IFMT1/W』と、ブラックモデルの『RT-IFMT1/B』
リモコン
付属のリモコン

車のシガーソケットライターに本機を差し込み、左右のフレキシブルアームにiPodを挟んで固定。DockケーブルをiPodに接続することで、車のFMラジオを使ってiPodの音楽を楽しめるようになる。

車載用FMトランスミッターのジャンルとしては珍しく、リモコンが付属するのが特徴。リモコンでは、再生/一時停止、早送り/巻き戻し、ボリューム調節といった基本操作に加えて、アルバムスキップ、シャッフル再生のオン/オフ、リピート選択なども指示できる。

FMトランスミッター部のLSIには、同社が高音質とうたうローム(株)の『BH1418FV』を採用。電波を飛ばす周波数帯域は、76.0〜90.0MHzの間から0.1MH単位で設定できる。そのほかエンジンのオン/オフに電源が連動する機構も搭載。対応iPodは、第5世代iPod、第1/第2世代iPod nano。本体サイズは幅160×高さ65×奥行き70mmで、重量は約130g。

車に実際に取り付けたところ 車に実際に取り付けたところ

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中