このページの本文へ

【COMPUTEX TAIPEI 2006 Vol.8】目立ったハンディーGPS! 近く日本にも上陸予定のMio Technology製品を触ってきた!

2006年06月12日 00時00分更新

文● 美和正臣(編集部)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

COMPUTEXのような世界規模の見本市で定番となっているのがハンディータイプのGPSだ。車載との共用タイプのほか、ハンディーとして独立して使用できるようなものなど多々展示されている。今回いろいろなブースを回った中でも完成度の高さを誇っていたのが、Mino Technology社が展示していた製品で、今月中にも日本市場に2製品が投入されるという。


入門者向けのシンプルさをウリにした『C310』


最初に紹介するのが、入門者向けという位置づけの製品である『C310』だ。サイズは幅112×奥行き76×高さ20.6mm、重さ174gとPDAと同じくらいと考えてもらえばいいだろう。3.5インチのタッチパネルを搭載しており、この画面にマップを表示する。マップデータを収録した容量1GBのフラッシュROMを内蔵しているほか、本体にはSDメモリーカード(MMC含む)スロットが用意されており、メインとなるGPS機能のほかに、画像ビューアーやMP3プレーヤーとして使用可能だ。OSにはWindows CE.Net 4.2を使用。担当者によると、電源には容量1200mAhのリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、連続で3.5時間の使用が可能とのこと。国内での販売では付属品の構成により2タイプをラインナップしており、ACアダプターやUSB ケーブル、キャリーケース、アームストラップなどを同梱した『Mio C310/S type』の価格が3万9800円、前述の『S type』の構成のほかに 自動車搭載キット(カーチャージャー、ブラケット、車載用スタンド、スタンドベースアダプタ、外部GPSアンテナ)、自転車用マウント、ヘッドホンなどが付属したモデルが4万4800円となるという。

入門者向けという位置づけの製品である『C310』。メインとなるGPS機能のほかに、画像ビューアーやMP3プレーヤーとして使用可能 本体の右側面には音量調整や電源ボタンを配置している
上部にはGPSアンテナが内蔵されているほか、SDメモリーカードスロットが用意されている こちらは最上位モデルとなる『C710』。内蔵メモリーが2GBとなっているほか、Bluetooth機能を内蔵している、こちらの製品は日本での発売の予定はないようだ

GPS+PDAモデルとなる『P350』


ハイエンド向けの製品としてはPDA機能とGPSを組み合わせた『P350』が登場する予定だ。ブースでは『P350』と上位モデルとなる『P550』が展示されていた。説明によると『P350』は『P550』のボディーカラーをブラックからホワイトに変更し、内蔵されているBluetooth機能を削除したものとのこ。OSはWindows Mobile 5.0 for Pocket PCを使用。ExcelやWord、PowerPointといったファイルを閲覧するためのビューワーのほか、映像や音声再生が可能だ。日本向けの地図データにはゼンリンの全国道路地図をベースにした『MioMap Ver.2.0J』を使用。またタウン情報を収録した昭文社の『Pocket Mapple Digital Ver.7 for Mio』をプレインストールしており、2つのマップデータ併用しながらのナビもできるようだ。こちらも前述の『C310』同様、3.5インチのタッチパネルを採用しており、本体の側面にはSDメモリーカード(MMC含む)スロットを装備。電源には容量1200mAhのリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、こちらも連続4時間の使用が可能としている。サイズは幅115.6×奥行き72×高さ17.8mm、重さは170g。付属品としてACアダプター、USBケーブル、キャリーケース、車載用キット(カーチャージャー、ブラケット、車載用スタンド、スタンドベースアダプタ、外部GPSアンテナ)、自転車用マウントなどが同梱される。価格は4万9800円を予定しているとのこと。

OSにWindows Mobile5.0 for Pocket PCを使用した『P350』。このモデルが日本で発売される これが『P350』の元となった上位モデルの『P550』。Bluetooth機能を搭載しているところやカラー以外、外観は変わらない

以下では同社のブースに展示されていた日本未発売のモデルを見ていこう。

デジタル放送の受信に対応した『PT200』。この製品はナビ機能を搭載していない。担当者によると、今後、日本用にカスタマイズしたモデルを発売したいと話していた GPSとPDF、そして携帯電話機能を合わせた『A700』(左)と『A701』(右)。こちらの製品は日本で発売の予定はないとのこと
『C310』の下位モデルで車載用となっている『C210』。2.7インチのタッチパネルを搭載している。この製品も日本での発売の予定はないとのこと 小型のMP3プレーヤーのように首からかけて使うようにデザインされている『H610』。見てのとおりGPS機能のほかに、メディアプレーヤーとしても利用できるという

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン