このページの本文へ

小型液晶搭載のゲーマー向けキーボード「G15」が日本語キー配列で復活!

2007年06月27日 23時13分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジクールのゲーマー向けブランド“G(ゲーミング・グレード)”シリーズの新製品として日本語キー配列版となる「G15 Gaming Keyboard」(型番:G-15J)が登場した。

G15 Gaming Keyboard 本体 G15 Gaming Keyboard
日本語キー配列版となる「G15 Gaming Keyboard」(型番:G-15J)が新たに新製品として復活。キー配列以外は基本的な機能に変更はない

 「G15 Gaming Keyboard」は小型の液晶パネル“GamePanel LCD”とマクロキーを搭載したゲーミングキーボード。2005年10月にロジクールの米国法人Logitechから初登場し話題となった製品で、その後2006年2月にはロジクールから日本語パッケージモデル(中身は英語版と同じ)が登場している。
 冒頭でも紹介したように今回登場した「G15 Gaming Keyboard」(型番:G-15J)は日本語キー配列となった新モデル。とはいえシステム情報や日時、さらにゲームに必要な情報(弾薬/ライフの残量など)などが表示可能となる収納可能な小型液晶を搭載している点や、自由にカスタマイズ可能な18のマクロキー(最大54マクロまで設定可能)を備えている点など基本的な機能に変更はない。以前買い逃してしまったユーザーや日本語キー配列にこだわるユーザーにとっては注目となりそうだ。価格はTWOTOP秋葉原本店で1万1980円となるほか、29日から販売予定としてアークで1万1800円、フェイス秋葉原本店で1万1970円、T-ZONE.PC DIY SHOPで1万2800円となっている。

小型液晶 マクロキー
ゲームに必要な情報(弾薬/ライフの残量など)などが表示可能となる収納可能な小型液晶自由にカスタマイズ可能な18のマクロキー(最大54マクロまで設定可能)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中