このページの本文へ

ASUSTeKからも“P35”搭載DDR3+DDR2対応のコンボ仕様「P5KC」が発売に!

2007年06月26日 22時21分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DDR3+DDR2メモリ対応のコンボ仕様となる“P35”搭載LGA775対応マザーボード「P5KC」がASUSTeKから発売された。

P5KC 基板 P5KC ポップ
DDR3+DDR2メモリ対応のコンボ仕様となる“P35”搭載LGA775対応マザーボード「P5KC」がASUSTeKから発売。内訳はDDR2 DIMM×4(DDR2-1066/800/667、4GBまで)と、DDR3 DIMM×2(DDR31333/1066/800、8GBまで)という構成となる

 Gigabyte「GA-P35C-DS3R」MSI「P35 Neo Combo-F」に続く3モデル目のDDR3+DDR2メモリ対応のコンボ仕様となる“P35”搭載モデルが今回登場した「P5KC」。用意されるメモリスロットはGigabyte「GA-P35C-DS3R」と同じ6本で、内訳はDDR2 DIMM×4(DDR2-1066/800/667、4GBまで)と、DDR3 DIMM×2(DDR31333/1066/800、8GBまで)という構成となる。
 North bridgeと電源周りに設置されたヒートシンクはヒートパイプで接続され、South bridgeには“ICH9”を採用。アルミ固体電解コンデンサを搭載している点や、基板で冷却する放熱基板“Stack Cool 2”、メモリのオーバークロックを簡単に行なえるという“Super Memspeed”テクノロジを採用するところなどは発売中の同社のモデルと同じだ。
 その他、拡張スロットの構成がPCI Express x16×2(x16レーン+x4レーン)、PCI Express x1×1、PCI×3。オンボードインターフェイスには8chサウンド(Realtek/ALC883)やギガビットイーサネット、IEEE1394(VIA/VT6308P)、Serial ATA II×6(eSATA×1)、IDE×1などを搭載している。なお例によって今回もI/O部のPS/2ポートはキーボードのみとなるので、マウスにはUSB接続のものを用意する必要がある。価格および販売ショップは以下の通りだ。

P5KC メモリスロット P5KC I/O部
オンボードインターフェイスには8chサウンド(Realtek/ALC883)やギガビットイーサネット、IEEE1394(VIA/VT6308P)、Serial ATA II×6(eSATA×1)、IDE×1などを搭載。例によって今回もI/O部のPS/2ポートはキーボードのみとなる
価格ショップ
ASUSTeK「P5KC」
¥27,170フェイス秋葉原本店
¥27,180ドスパラ秋葉原本店
TWOTOP秋葉原本店
¥27,480アーク
T-ZONE.PC DIY SHOP
¥27,580BLESS秋葉原本店
¥28,140ツクモパソコン本店II
¥28,380高速電脳

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中