このページの本文へ

ティアック、iPod Dockを搭載したCDサウンドシステム『CD-X10i』を発売

2007年06月22日 17時41分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ティアック(株)は22日、iPod用のDockを搭載したCDサウンドシステム『CD-X10i』を7月上旬に発売すると発表した。価格はオープンプライス。予想実売価格は3万円前後。

CD-X10i CD-X10i

CD-X10iは、本体iPod用のDock左右のメインスピーカーサブウーファーで構成される製品。iPodからの音楽再生に加えて、音楽CDの再生や、内蔵AM/FMラジオチューナーによるアナログラジオ放送の受信も行なえるのが特徴。そのほかに、タイマー機能を内蔵していて、就寝時のBGM再生、あるいは起床用の目覚ましとしても利用できる。

メインスピーカーは壁掛けにも対応した英New Transducers Limited(NXT)社の“アルミハニカム NXT スピーカー”を採用。点での再生ではなく面で音を再現しているため、音が一点に集中せずに自然な音を再生できるという。

アンプの最大出力は、メインが各5W、サブウーファーが15W。電源はACアダプター(100V)を利用する。本体サイズは、幅160×奥行き86×高さ226mm、重量が1kg。Dockが幅80×奥行き67×高さ28mmで、重量が200g。メインスピーカーはそれぞれ幅142×奥行き70×高さ226mmで、重量が600g。サブウーファーが幅160×奥行き335×高さ245mmで、重量が5.3kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART