このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ブラン姉さんは裸マント姿で羞恥プレイ!? 巫女服で腰のスリットから見えたものはっ!?

2007年06月15日 23時58分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 おいおいおい!メーカーさんどうしたんだっ! 昨日に引き続いて今日もフィギュア漁はボーズだぞっ!! もっとこう、強烈なフィギュアを出してくれいないと、筆者のテンション下がっちゃうんですけど……。さらに大人の事情で、編集部にストックされているプレスリリースも枯渇気味。って読者にバラしてどうする!
 ということで、今日はプレスリリースの大放出デー! 裸マントの羞恥プレイもあるぜ!

「シャイニング・ティアーズ」の
ブラン姉さんは街角羞恥プレイだっ!

ブランネージュさん
「シャイニング・ティアーズ」よりブランネージュさん。写真はすべてプレスリリースから (C)SEGA

 セガの人気ゲーム「シャイニング・ティアーズ」より、“ブラン姉”とマニアたちから呼ばれる、ブランネージュさん登場!

 って! 姉さん露出プレイですかぁ?

 言っておくが、これは編集部でキャストオフして弄ばれたあとのブラン姉さんではなく、デフォルトの姉さんだ。いや、マジで……。
 さてアニメ版の「シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド」にもご出演されているが、このブラン姉さんはゲーム版のTony氏のイラストがベース。ゲーム中(もちろんアニメも)では、マントの下にしっかりお召し物を着ているのだが、当初は裸の設定だったのか? その謎が解き明かされている「シャイニング・ティアーズ ビジュアル設定資料集」(エンターブレイン刊)の表紙を立体化したのが姉さんである。

正面から サイドから
ブラン姉さんバストアップ

 ブラン姉さんは、氷を使った攻撃が得意で“氷刃の魔女”と呼ばれている性格的にもクールな魔導士だ。このバストアップの表情にも、クールさが見え隠れしているだろう。
 ってか、下目線でなんか恥ずかしがってるのか? ん~、イカンイカン!! どうしてもソッチ系に見えちまう!
 そして羽織っているマントなんだが、次の写真の通り、大きく切れ目が入っているのだっ! なにっ!

背中から サイドから
背中から見ると中央に切れ目(写真左)、横から見るともっと分かりやすく(写真右)、こんな感じに大きく切れ込みがある

 ってことは、背後からマントの切れ込み越しに覗き込むと!

 当然、ヒップが丸見え! なのかーーーーーっ!

 そんな大事な写真をなぜプレスリリースに付けてくれないのだっ! これまた昨日に引き続き、サンプル展示がはじまったときの宿題にしておきたい!

左右からおへそを! 左右からおへそを!
どうみても、マントと体の間に隙間がある!

 腰からヒップにかけてのボディライン、そしてお腹の起伏、おへそのラインと、どれもおいしそうなベジエ曲線なのだが、やっぱり気になるのはマントと体の隙間っ!
 我々取材班なら床に這いつくばってでも、超ローアングルでシャッターを切るところなのだが、プレスリリース写真ではここまで! あーーーっ! 書いててストレス溜まるなーっ!
 だた写真を見る限り、体とマントの間には隙間があり、めくるめく大人の世界がその奥にありそうだ!
 この街角露出ブラン姉さんこと「シャイニング・ティアーズ ブランネージュ」は、壽屋より9月に発売される予定で、価格は6090円となっている。

「うたわれるもの」の巫女服のウルトリィさん!
腰のスリットから見えたものは!?

 2002年にLeafから美少女ゲームとしてリリースされ、魅力的なキャラクターが多数登場するだけでなく、ゴッツイ壮大なストーリーで爆発的な人気となった「うたわれるもの」。後にアニメ化され、PS2版も発売され、いまだにファン層を広げているこの作品から、巫女のウルトリィさんご登場!

ウルトリィさん1 ウルトリィさん全身
翼を持った女の子ってのはイイ! そして巨乳だっ! (C)2006 AQUAPLUS

 さてこのウルトリィさんは、カラーリングこそアニメ版っぽいが、造型的には原作の人気イラストレータの甘露 樹氏の描くキャラに近くなっている。

正面から 横から
ウルトリィさんのバストアップ

 下半身は赤じゃないので分かりづらいが、巫女の袴となってて、腰のスリットもバッチリ! そしてつり鐘型の天を仰ぐ見事なバストも忠実に再現されている。この巨乳ップリは、スゲーな……。
 宗教國家の姫であり、清楚で物静かな心優しいその仕草などは、このお顔と、この手のキャラにしか生やしてはならない白い羽が物語っている。まぁ「満月をさがして」の“めろこ”は、性格強い悪魔のボケキャラのクセに白い翼をもっていたが、筆者に言わせりゃ邪道である! 翼が似合うのは、CCさくらやベルダンディ、ワルキューレ(チビのワるきゅーレは性格的にダメ!)なのであるっ!

清楚のシンボル羽! これも一種の記号になってるな……
ん~、やっぱり清楚で可愛らしい女の子にしか羽は生やしちゃイカンよ! その点ウルトリィさんは合格っ!

 かなり長い袴なので、サンプル展示がはじまってもパンチラ撮影は、困難を極めそうだ。と思いきや、袴には腰の隙間があるじゃないかっ! そしてこれがその写真である!

レオタードだった……げーん! レオタだったんすか……

 レオタード……、だったんすか。そーですか……

 ただ袴には、いかにもキャストオフできそうなワレメがあるので、ヒップなどはキャストオフした状態が楽しめそうだ。また、うなじフェチには朗報! “マフラーは取り外しできる”とのことである。
 壽屋より9月に発売される予定で、価格は6090円となっている。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社