このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

天吊りポスターのアップル流コピーもチェック

【WWDC 2007】93%の開発者がインテルMacに移行!? 会場周辺をレポート

2007年06月13日 16時00分更新

文● 宮本朱美

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
『San Francisco Clonicle』のビジネス面トップ
『San Francisco Clonicle』のビジネス面トップ

スティーブ・ジョブズCEOの基調講演も無事終わり、引き続きセッションなどが行なわれているMacの世界開発者会議“WWDC”(参考記事12)先日お伝えしたように、会議の内容は秘密保持契約を結んでいるため、記事にすることができない。そこで、会議そのものとは関係のない、ヤジ馬的WWDC周辺状況をお伝えしよう。

ちなみにサンフランシスコの地元紙『San Francisco Clonicle』の今朝のビジネス面トップには、スティーブ・バルマーの写真にフィル・シラーが口をはめ込んでにやっとしているスライドを背景に、笑っているスティーブ・ジョブズCEOの写真が大きく掲載された。

まず会場に来て気が付くのは、参加者の恰好がラフなこと。スーツにネクタイなんて人はまず見あたらない。今日のサンフランシスコは最高気温23度、最低気温11度と東京より肌寒いが、半そでTシャツの人もいれば、フリースやジャケットで温かい恰好をしている人もいてまちまち(中には革ジャンを着込んでいる人も……)。

 会場内は高速無線LANが解放されているため、持参したパソコンを広げている人が目立つ。使用機種はやはりMacが多いが、ちょっと肩身が狭そうにVAIOを広げている人も。そこで、開発者はどんな機種を使っているのか、数えて円グラフにしてみました! 

円グラフ
計測したのは、WWDC3日目午後3時、会場2階のくつろぎスペース。グラフ内数値の単位は台数を表している。参加者のパソコンは、大半がMacBook Proという結果に!!

こうして数えると、ほとんどの開発者がインテルMacに移行している模様(Mac95台中88台=93%がインテルMac)。また、特筆すべきは17インチMacBook Proの多さ。MacBook Proを使っている人68台のうち、13台は17インチだった。開発者は大きな画面が好き?

性別は圧倒的に男性が多い。年齢は20代から4、50代まで幅広い印象だ。今年のWWDCは、5000人以上の来場者で、過去最大規模という。Macのデベロッパー登録数も全世界95万人と、昨年より20万人増えたそうだ。



WWDC恒例! 天吊りポスターチェック


基調講演前は、黒い布でしっかり覆われて見えなかった天井吊りのポスターは、Mac OS X Leopardの新機能12個をフィーチャーしたものだった。それぞれにキャッチコピーが書かれているが、今回はなかなか理解しにくいものが多い。昨年のWWDCのキャッチコピーである「Vistaよさようなら」、「レッドモンドにコピーキャットがいる」、「Vista 2.0にようこそ」、「来た、見た、勝った」──などに比べると、ちょっとパンチが足りない気もする(参考記事)。

黒幕状態 基調講演前にかかっていた黒幕の中身が、次ページで明らかに!!

(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】Mod PCの魅力がわかる!ジサトラ出張、仙台

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください