このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

林信行のマイクロトレンド ― 第9回

アップル、MS、Google、人の交流が生む次のトレンド

2007年06月11日 10時30分更新

文● 林信行(ITジャーナリスト)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトやハード、ウェブサービスが、ユーザーに認められ、その競争力を維持していくために、企業はどんな努力をすべきだろうか?

WWDC
昨年8月に開催されたアップルの開発者会議“WWDC”の様子

 Mac OSやWindowsといったOSにしても、検索サービスのGoogleやウェブブラウザのFirefoxも、その上で動く多くのソフトやサービスを支えるプラットフォーム(基盤)となっており、発展していく上では自らの製品と共に、その上で動く他社の製品にも成功してもらう必要がある。核となる企業が1社だけでがんばったところで、なかなか躍進には結びつかないのだ。

 強い技術を生み出すためには、“外部の人との交流”が欠かせない。基礎となる技術やオープンな標準、そして業界の新しいトレンドやだいたいの流れといった情報を共有し、その波にのってこそ進化がある。

 今回はそんな技術者同士の交流を生む開発者会議のトレンドを、米マイクロソフト(Microsoft)、米グーグル(Google)、米アップル(Apple)などの企業を例に見ていこう。



PDC中止、グーグルとモジラは1日イベント


 最近の開発者会議に関連したニュースといえば、米マイクロソフトが5月末頃、10月にロサンゼルスで開催予定だったソフトウェア開発者向けの開発者会議“Professional Developers Conference”(PDC)を突然中止すると発表したことが挙げられる。

 同時期に米グーグルは、同社ならではの新しい試みを取り入れた“Google Developers Day”を開催。その日、ウェブブラウザ、『Firefox』の開発を支えるモジラジャパン(Mozilla Japan)からは、秋に新しい形態の開発者会議“Mozilla 24”を開催するという予告と企画の募集が発表された。

 そして、今月の11日からはアップルの開発会議“Worldwide Developers Conference”(WWDC)が開催される。



(次ページに続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART