このページの本文へ

富士通、“らくらくホン”シリーズの累計販売台数1000万台達成を記念するキャンペーンを実施

2007年05月31日 19時39分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通(株)は31日、(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ向けのFOMA携帯電話機“らくらくホン”シリーズの累計販売台数が1000万台を達成したことを記念し、応募者全員にプレゼントが用意されるキャンペーンを実施すると発表した。

このキャンペーンは、らくらくホンにまつわるエピソードを募集する“らくらくホン「あって良かったこと」大募集!”と題したもので、寄せられたエピソード(400字以内)をまとめて“らくらく本(ほん)”として書籍化する。募集期間は、6月1日から7月31日までで、応募資格は本人または家族が、らくらくホンシリーズを使っていること。

なお、らくらく本は応募者全員にプレゼントされる。応募されたエピソードの選考は、女優の大竹しのぶさんと作家の立松和平氏が選考委員を努め、掲載されたエピソードの応募者については、さらに商品券3万円ぶんがプレゼントされ、新聞や雑誌などにも掲載されるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン