このページの本文へ

カメラを利用時に再起動することがある不具合などを解消

au、『W44S』の内蔵ソフトウェアを更新

2007年05月31日 18時12分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)は30日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(株)製のau携帯電話機『W44S』の不具合を解消するソフトウェア更新を開始したと発表した。

W44S 『W44S』

今回の更新で解消される問題は、“#”と“カメラ”を同時に押した場合に電源が再起動してしまうことがある不具合と、Eメールの送信ボックスを開いた状態で、バックグラウンド受信した場合に送信メールの件名が正しく表示されない不具合の2点。

内蔵ソフトウェアの更新方法は、更新についての“auからのお知らせ”を受信した後に画面に表示された指示に沿って行なうか、携帯電話機の待ち受け画面から、“メニューボタン→5→8→1”と順にキーを押し、アップデート開始の“OK”を選択すれば更新できる。アップデートは最大15分程度で終了するという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン