このページの本文へ

新Centrino Duo採用のB5ノートが続々登場!

レノボ、“Santa Rosa”対応の“ThinkPad X61”などを発表

2007年05月31日 11時00分更新

文● 編集部 橋本 優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レノボ・ジャパン(株)は31日、12.1インチディスプレー搭載のB5ノートパソコン“ThinkPad X61”および12.1インチワイドディスプレー搭載の“Lenovo 3000 V200”を発表した。併せてタブレット式B5ノートパソコン“ThinkPad X61 Tablet”も発表している。

今回発表された新機種は新しい“Centrino”プラットフォーム(コードネーム“Santa Rosa:サンタローザ”)を採用(関連記事)。ThinkPad Xシリーズは4月5日に発表された“Centrino Proプロセッサ・テクノロジー”(関連記事)に対応しており、パソコンの遠隔管理などが行える“AMT”(Active Management Technology)に対応する。一方、Lenovo 3000は今月9日に発表された“Centrino Duoプロセッサ・テクノロジー”対応している。

ThinkPad X61

ThinkPad X61
ThinkPad X61

今回から、各種I/Oポートの使用/不使用をBIOSから設定できる“I/O Port Disable”機能を搭載。情報漏えいの危険性を少なくできるという。

また、バッテリーの残量がなくなりかけた状態では、ディスプレーの輝度や無線LANのオフ、光ドライブの電源をオフにするなどして駆動時間を引き延ばす“Battery Strech”機能を新たに搭載している。

ラインナップは、OSにWindows Vista Businessを採用する『767549J』『76754AJ』(Officeバンドルモデル)と、Windows XP Professionalを採用する『76754BJ』『76753BJ』の4機種構成。このうち76753BJ以外の3機種はほぼ同じスペックだが、76753BJ(実売想定価格15万6000円)のみCPUにCore 2 Duo T7100-1.8GHzを搭載し、メモリーは512MB、HDDは80GBを採用するなどスペックを下げて価格を抑えている。このほか、X61の軽量モデル“ThinkPad X61s”も同時に登場している。

ThinkPad X61 76754AJ
CPU:Core 2 Duo T7300-2GHz|メモリー:DDR2-533 1GB(512MB×2、最大4GB)|グラフィックス:X3100(Intel 965GM Expressチップセット内蔵)|HDD:120GB|光学ドライブ:なし|ディスプレー:12.1インチTFT液晶パネル 1024×768ドット
無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 2.0+EDR|サイズ:幅268×奥行き211×高さ35(最薄部20)mm|重量:1.43kg|バッテリー駆動時間:3.5時間(JEITA測定法1.0)|OS:Windows Vista Business|Office:あり(Ofiice 2007 Personal)
予想実売価格:20万8000円

ThinkPad X61 Tablet

ThinkPad X61 Tablet
ThinkPad X61 Tablet

ディスプレーにタッチパネルを採用する“ThinkPad X61 Tablet”も新プラットフォーム採用&新機能追加で投入された。新機能などはX61と同じ。

ThinkPad X61 Tablet 7764B4J
CPU:Core 2 Duo L7500-1.6GHz|メモリー:DDR2-533 1GB(512MB×2、最大4GB)|グラフィックス:X3100(Intel 965GM Expressチップセット内蔵)|HDD:80GB|光学ドライブ:なし|ディスプレー:12.1インチTFT液晶タッチパネル 1024×768ドット
無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 2.0+EDR|サイズ:幅274×奥行き244×高さ33(最薄部27)mm|重量:1.85kg|バッテリー駆動時間:3時間(JEITA測定法1.0)|OS:Windows Vista Business|Office:あり(OneNote 2007)
予想実売価格:24万8000円

Lenovo 3000 V200

Lenovo 3000 V200
Lenovo 3000 V200

新機種の“V200”はデザインが変更され、側面の上下の角が丸みを帯びた形状になった。これにより真横から見た場合に3mmほど“スリムに見える”という。また、タッチパッド下のマウスボタンをThinkPadと同等の構造に改良。ボタンストロークが0.3mmから1mmになり、クリック音も静かになっている。

ラインナップは、OSにWindows Vista Home Premiumを採用する『076443J』と、Windows Vista Businessを採用する『076442J』の2機種。スペックは同一となっている。

Lenovo 3000 V200 076443J
CPU:Core 2 Duo T7100-1.8GHz|メモリー:DDR2-533 1GB(512MB×2、最大4GB)|グラフィックス:X3100(Intel 965GM Expressチップセット内蔵)|HDD:120GB|光学ドライブ:DVD±R DL対応スーパーマルチドライブ|ディスプレー:12.1インチワイド 1280×800ドット
無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 2.0+EDR|サイズ:幅305×奥行き259.3×高さ31.7mm|重量:1.95kg|バッテリー駆動時間:3.5時間(JEITA測定法1.0)|OS:Windows Vista Home Premium|
予想実売価格:14万4000円

■関連サイト

カテゴリートップへ