このページの本文へ

三菱東京UFJとディズニー、オンラインバンキングサービス“ディズニーおさいふプラス”を開始

2007年05月28日 20時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)三菱東京UFJ銀行は28日、ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)のインターネット事業部門と提携し、パソコンおよび携帯電話機を利用したオンラインバンキングサービス“ディズニーおさいふプラス”を本日16時に開始したと発表した。利用するには、専用のインターネット専門支店“キャッスルタウン支店”での口座開設、およびその代表口座の三菱東京UFJダイレクトへの契約が必要。料金は月額315円で、20歳未満は無料。

トップ画面(パソコン) トップ画面(パソコン) (C)Disney
トップ画面(モバイル)
トップ画面(モバイル)

ディズニーおさいふプラスは、オンラインバンキングをより分かりやすくするため、金融取引機能を使用頻度の高い振込み・振り替えや取り引き紹介などに限定しているほか、画面デザインにはディズニーのアートを使用してシンプルに使えるように配慮している。利用頻度に応じて、ディズニーグッズと交換できるポイントコイン“マジックコイン”サービス行なう。マジックコインは、ディズニーのオンラインショッピングサイト“ディズニー・モール”でも利用できる。

そのほか、パソコンで子どもから大人まで楽しく遊びながらお金の大切さを学べるエンターテインメント型学習コンテンツ“マジカル・バザール”を開始する。マジカル・バザールは、洋服の仕立て屋経営をモチーフにした経営シミュレーションゲームで、お店を運営を経験しながらお金の大切さを学べるという。また、マジカル・バザールと連動したアドベンチャーゲームを携帯電話機で提供する予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン