このページの本文へ

指紋認証センサーとセキュリティーチップを標準装備

マウスコンピューター、Centrino Duo対応モバイルノート2機種を発売

2007年05月25日 17時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)マウスコンピューターは25日、米インテル(Intel)社のノートパソコン向け新プラットフォーム“Centrino Duoプロセッサー・テクノロジー”(コードネーム:Santa Rosa)(関連記事)に対応したモバイルノートパソコンの新製品、“m-Book(エムブック) PR”シリーズ2機種を発売すると発表した。28日20時に同社ウェブサイトおよび電話通販窓口(TEL.03-3599-3740)で、29日11時には同社直営店の店頭で販売を開始する。

ラインナップは1GBのメモリーを搭載し、Windows Vista Home Premiumをプレインストールする『m-Book PR200S』と、2GBのメモリーを搭載しWindows Vista Ultimateをプレインストールする『m-Book PR 200X』の2機種で、価格は順に、14万9940円、16万9890円。B.T.O.に対応しており、CPU/メモリー容量/HDD容量などの変更が行なえる。

m-Book PRシリーズ m-Book PRシリーズ

今回発表されたm-Book PRシリーズ2機種は、いずれもCPUにCore 2 Duo T7300-2.0GHz、チップセットにグラフィックス機能内蔵のIntel GM965 Expressを搭載。液晶ディスプレーには、WXGA(1280×800ドット)表示の12.1インチワイド液晶パネルを採用している。セキュリティー機能として指紋認証センサーとTPM(Trusted Platform Module) Ver.1.2準拠のセキュリティーチップを標準装備する。低消費電力化/HDDパフォーマンス向上システム“インテル ターボ・メモリー”も搭載(フラッシュメモリーモジュールの容量は1GB)する。

ネットワーク機能は、IEEE 802.11a/b/gおよびIEEE 802.11n(ドラフト2.0)準拠の無線LAN、10/100/1000BASE-T準拠のGigabit Ethernet、56kbpsファクスモデムを装備する。液晶ディスプレーの中央上部に130万画素ウェブカメラも搭載している。インターフェースはHDMI×1、USB 2.0×3、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)、ExpressCard 34&54×1など。なお、バッテリー駆動時間は25日現在で測定中としており、同社では28日~29日ごろに発表する予定。

初出時、インターフェースにIEEE 1394×1を搭載するとしておりましたが、同社より搭載しないとの訂正がありましたので、該当部分を修正しました。(2007/5/30)

2製品の主なスペックは以下の通り。

m-Book PR 200S
CPU:Core 2 Duo T300-2.0GHz|メモリー:PC2-5300 1GB(512MB×2、最大2GB)|グラフィックス:Intel GM965 Expressチップセット内蔵|HDD:80GB|光学ドライブ:DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ|ディスプレー:12.1インチワイド 1280×800ドット
無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g/n|TV機能:搭載せず|サイズ:幅303×奥行き231.5×高さ29.5mm(最薄部16mm)|重量:約1.91kg|バッテリー駆動時間:同社にて測定中(25日現在)|OS:Windows Vista Home Premium
価格:上記構成で14万9940円
m-Book PR 200X
メモリー:PC2-5300 2GB(1GB×2、最大2GB)|HDD:120GB|OS:Windows Vista Ultimate|
上記以外のスペックはm-Book PR 200Sと同一
価格:上記構成で16万9890円

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン