このページの本文へ

プリンストンテクノロジー、Bluetooth対応のハンズフリーイヤホンなど3製品を発売

2007年05月29日 11時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プリンストンテクノロジー(株)は29日、Bluetooth 2.0対応の携帯電話機向けハンズフリーイヤホン『PTM-BEM3』を6月下旬に、Bluetooth 2.0+EDR対応のUSB Bluetoothアダプター『PTM-UBT3』、携帯ストラップとして持ち運べるMicroSDカード専用のカードリーダー/ライター『PRD-MSD3』の2製品を6月中旬に発売すると発表した。価格はオープンプライス。予想販売価格はPTM-BEM3は約7000円、PRD-MSD3は約3300円、PRD-MSD3は約1500円。

PTM-BEM3 PTM-BEM3。上の丸い部分を耳に差す

PTM-BEM3は、Bluetooth対応の携帯電話機と組み合わせることで、ハンズフリー通話が行なえるBluetooth 2.0対応のハンズフリーイヤホン。本体側部のスイッチでボリューム調整が行なえるほか、中央のボタンを長押しすることで直近に電話した相手(1件)にリダイヤルをかけることもできる。

使用する周波数帯域は2.4GHz~2.4835GHz。通信距離は約10m。電源はリチウムポリマー充電池を内蔵し、連続で約4時間の通話が行なえる。連続待ち受け時間は約100時間。充電は付属のACアダプターを用いて、約1時間で満充電になるという。本体サイズは幅58×奥行き17×高さ9mm、重量は9g。大・小二つのイヤホンカバーと、ポケットにさすためのホルダー、クレードルなどが付属する。カラーバリエーションとして、“ブルー”、“ホワイト”、“ブラック”の3色を用意する。

PTM-UBT3 PTM-UBT3

PTM-UBT3は、Bluetooth 2.0+EDRに対応したUSB 2.0接続のBluetoothアダプター。電波強度が最上位クラスであるClass 1に対応しているため、最大約100mの通信距離に対応しているのが特徴。プロファイルは、DUN/HID/HSP/BIP/A2DP/FTPなど15種類をサポートする。消費電力は400mW。本体サイズは幅60×奥行き18.5×高さ7mm、重量は7g(キャップを含む)。対応OSはWindows Vista/XP(各64bit版OSには非対応)、Mac OS X 10.4.x以降。

PRD-MSD3 PRD-MSD3。読み書き中はLEDが点灯する

PRD-MSD3は、MicroSDカード専用のUSB 2.0/1.1接続のカードリーダー/ライター。本体サイズが幅18×奥行き30.5×高さ5.3mm、重量が約2gと小型軽量なのが特徴。付属のストラップで携帯電話機に取り付けられるほか、ボディーカバーにシリコン製のボディ/キャップを採用しており、携帯電話機との接触により傷が付くのを防げるという。

対応OSはWindows Vista/XP/2000(SP4)/Me、Mac OS 9.2.2/Mac OS X 10.1.3以降。ラインナップとしてブラック『PRD-MSD3BK』、ブルー『PRD-MSD3BU』、ピンク『PRD-MSD3PK』の3色を用意する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン