このページの本文へ

スーパーハイビジョンの次は眼鏡のいらない立体放送を

NHKの“技研公開2007”で、スーパーハイビジョン専用3300万画素の撮像素子が初公開!!

2007年05月25日 15時05分更新

文● 編集部 永水和久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本放送協会(NHK)の研究組織であるNHK放送技術研究所(技研)は24日から、“未知を探る・未来を創る”をテーマに研究技術を一般公開するイベント“技研公開2007”を、東京・世田谷区の技研にて開催している。開催期間は今月27日まで。入場料は無料。ここでは、完成したばかりという、世界初となるスーパーハイビジョンシステム専用の3300万画素の撮像素子が初公開された。

技研公開は毎年この時期に行なわれるイベントで、将来その採用を期待される開発・研究中の放送技術を一般に公開するもの。

技研所長の谷岡健吉氏
技研所長の谷岡健吉氏

公開初日の24日には、技研所長の谷岡健吉氏の講演があり、この一般公開について、「ハイビジョン技術以降、新しい技術に挑戦し続けている。公共放送の研究機関として目前のニーズに応えること以外に、長期的視野に立って放送技術をリードし、視聴者に夢を与えなければならない。この一般公開はその姿勢を表現したもの。この挑戦の途上にある研究の一端をご覧頂きたい」と説明した。その上で、「スーパーハイビジョンはこういった研究者の思いから生まれたもの」と位置づけた。

1枚の単板で実現した世界初となる3300万画素の撮像素子
1枚の単板で実現した世界初となる3300万画素の撮像素子

谷岡氏の講演の内容は、今年4月に東京・有明の国際展示場で開催されたフラットパネルディスプレーの展示イベント“Display 2007”(関連記事)での、スーパーハイビジョンに関する内容と同様であった。しかし、この時からさらに開発が進み、従来は緑2枚、赤1枚、青1枚の計4枚の撮像素子(各800万画素)を併用して再現していた3300万画素相当の撮像素子のシステムから、1枚の単板でこれを実現したことを発表した。

放送局としての立体テレビのビジョン 丸めて持ち運べるディスプレーと、これに貼り付けて音声をならすためのフィルム型スピーカーも開発中
放送局としての立体テレビのビジョン丸めて持ち運べるディスプレーと、これに貼り付けて音声をならすためのフィルム型スピーカーも開発中

また、インターネット上のメディアが急成長する現在、今後技研が目指すべきこととして、「ハイビジョンのあとはスーパーハイビジョン。その次は立体テレビ放送を開発する。昔から立体テレビ放送というものはあるが、放送局が開発する立体テレビ放送としては、眼鏡を使わない長時間の視聴に向く寝っころがっても見られるの3つを実現させる」と展望を語った。

展示内容を写真で紹介



単板で実現した世界初となる3300万画素の撮像素子 仕様の詳細
単板で実現した世界初となる3300万画素の撮像素子仕様の詳細
単板3300万画素の撮像素子を用いた撮影デモ 全体(ディスプレーは830万画素) 部分拡大(ディスプレーは830万画素)
単板3300万画素の撮像素子を用いた撮影デモが行なわれていた全体(ディスプレーは830万画素のもの)部分拡大(ディスプレーは830万画素のもの)
折り曲げられるテレビに採用予定のフィルム型スピーカー 現段階ではここまで折り曲げられるという
折り曲げられるテレビに採用予定のフィルム型スピーカー現段階ではここまで折り曲げられるという

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン