このページの本文へ

パイオニア、7.1chのAVマルチチャンネルアンプ『VSX-517』を発売

2007年05月24日 17時01分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パイオニア(株)は24日、音声信号の高品質化と歪みの低減を実現した新開発の“PHA”(Pioneer Hybrid Amplification)を搭載した7.1ch搭載のマルチチャンネルアンプ『VSX-517』を6月中旬に発売すると発表した。価格は5万5000円。

VSX-517 VSX-517

『VSX-517』は、増幅素子の温度変化による歪みを抑えるため、独自の温度補正回路を組み込んだパワーIC“PHA”を強化し、低歪み率0.08%の高音質化に成功。加えて、チップサイズを小型化することで、ノイズ発生源からの影響を軽減したのが特徴。また、独自の“フェイズコントロール”技術により、チャンネル間の低音のズレを解消している。

そのほか、視聴位置にセットした付属の専用マイクでテストトーンを測定すれば、最適なサラウンド環境の設定を自動で行なえる自動音場補正システム“オートMCACC”を搭載している。オートMCACCの自動補正後に、各チャンネルの周波数特性をマニュアルで微調整も可能としている。

入力端子は、デジタル同軸系統×2、デジタル光系統×2、オーディオ(AUX、CD、CD-R、TAPE、MDに対応)×3、USB AUDIOなどを備える。720pの映像信号に対応した入力2系統/出力1系統のD4映像入出力端子のほか、サブウーハー出力も1系統装備する。

周波数特性は5Hz~100kHz(+0/-3dB)。定格出力は75W+75Wで、最大出力は100W。本体サイズは幅420×奥行き352.5×高さ158mm、重量は8.8kg。消費電力は330W。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン