このページの本文へ

JEITA、4月度のパソコン出荷実績を発表――台数は約70万台、金額は903億円

2007年05月23日 20時57分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(社)電子情報技術産業協会(JEITA)は23日、2007年4月のパソコン出荷実績を発表した。これは、4月の“2006年度出荷実績発表時”に四半期ごとから毎月発表に変更すると予告されていたもので(関連記事)、この変更に伴って従来の集計に参加していたデル(株)と日本ヒューレット・パッカード(株)が不参加(合計13社の調査)となっている。


集計参加会社(50音順) アップルコンピュータ(株)、アロシステム(株)、日本電気(株)、シャープ(株)、セイコーエプソン(株)、(株)ソーテック、ソニー(株)、(株)東芝、(株)日立製作所、富士通(株)、松下電器産業(株)、三菱電機インフォメーションテクノロジー(株)、レノボ・ジャパン(株)

発表された出荷実績は以下の通り。集計期間の変更後、初の発表になるため比較対象はない。また、今回から地デジチューナー、およびワンセグチューナー搭載モデルについても集計されるようになっている。

出荷台数合計
70万8000台
デスクトップパソコン
25万台(35.3%)
ノートパソコン
45万8000台(64.7%)

出荷金額合計
903億円
デスクトップパソコン
316億円
ノートパソコン
587億円

地デジチューナー内蔵パソコン合計
4万4000台
デスクトップパソコン
2万6000台
ノートパソコン
1万7000台
ワンセグチューナー内蔵パソコン合計(デスクトップ/ノート合算)
2000台


JEITAでは、今回の結果について、「春の入学/異動シーズンで、ノート型の需要が増えた」ことがノートパソコンが6割以上を占めた理由と分析。前期(2006年第4四半期、2007年1~3月)のノートパソコン出荷比率は59%だったとした。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン