このページの本文へ

ニコニコ動画で証明されたネット動画の新機軸

ユーザーの集合知が起こす動画の新たな展開!

2007年05月23日 00時00分更新

文● 中西祥智(編集部) 写真●吉田 武 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

月刊アスキー 2007年5月号掲載記事

長尾確教授
名古屋大学大学院情報科学研究科 メディア科学専攻 長尾 確(ながお かたし)教授:長尾研究室では、会議内容の効率的な再利用法や、個人用の知的な乗り物に関する研究も行っている。

 名古屋大学大学院の長尾 確教授らは、マルチメディアコンテンツ配信・コミュニティ支援システム「Synvie」の開発を行っている。Synvieは、映像内のあるフレーム、あるいはフレーム内の任意の領域に、コメントとして文字情報を追加できる。この点では、話題の「ニコニコ動画」(3月上旬現在はクローズドな試験サービス中)に似ている。そもそも、ニコニコ動画は開発段階でSynvieを参考にしており、βサービス時のニコニコ動画の謝辞には、その旨が記載されていた。

 だが、Synvieの背景にある思想は、エンターテイメントに特化したニコニコ動画とは大きく異なる。長尾教授らはこれまで、コンテンツへの「アノテーション」と、その応用技術を研究してきた。アノテーションとはコンテンツに対してメタデータ(関連するデータ)を付加することで、テキストにXMLタグを付ける作業などがこれに該当する。

 アノテーションするということは、プログラムにも理解できる「意味」をコンテンツに与えるということだ。たとえばテキストコンテンツの場合、そのままではプログラムには理解できない。だが、語句や構造を説明するタグが付加されれば、文章がどんな構造で、語句にどのような意味があるのかがプログラムに判断できるようになる。そうなれば、高い精度でテキストを翻訳したり、要約・検索することが可能になる。これは映像コンテンツでも同様だ。

ビデオ要約システム ビデオ要約システム
映像コンテンツの要約・検索も容易: 映像コンテンツにアノテーションがなされていれば、この画面のように映像を要約して再生できる(画面の例では、タイムラインがオレンジ色になっている部分だけを再生する)。映像の意味的な検索も容易に行える。このビデオ要約システムも、長尾教授らが開発している。

 では、誰がアノテーションするのか。Synvieでは映像にコメントを付加でき、さらに映像をもとにブログを書くこともできる。この作業は、ユーザーは意識していないが、実は映像にアノテーションしているに等しい。Synvieは、「集合知」的に、誰もがアノテーションに参加できるフレームワークのひとつとして、具現化されたものなのだ。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1217(2019年2月12日発行)

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

編集部用の記事誘導枠

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

編集部注目のデジタルガジェットを紹介!ASCII 夏のベストセレクション 2018

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中