このページの本文へ

東芝、企業向けノートPC“dynabook Satelite T30”を発売

2007年05月17日 20時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は17日、企業向けノートパソコン“dynabook Satellite”(ダイナブック サテライト)シリーズにおいて、15.4インチワイド液晶パネルを採用したスタンダードノートパソコン“dynabook Satellite T30”シリーズを6月下旬に発売すると発表した。

ラインナップは、Core 2 Duo T5500-1.66GHzを搭載した『T30 166E/5W』と、Celeron M 520-1.6GHzを搭載した『T30 160C/5W』の2機種。両機種ともWindows Vista BusinessプレインストールモデルとWindows XP Professional SP2プレインストールモデルの2つを用意する。

dynabook Satellite T30 dynabook Satellite T30

dynabook Satellite T30は、ほかのパソコンとLANケーブル(クロス)で直接接続するだけで設定環境やデータの移行が行なえるソフト『PC引越ナビ Ver3.0』をプレインストールしている。また、TCG v1.2準拠のセキュリティーチップを搭載し、HDD暗号化ソフト『SecureDoc Disk Encryption V4.3 Japanese(90日使用期間限定版)』をプレインストールするなどセキュリティー機能も備えている。このほか、メモリー/光学ドライブ/無線LANはB.T.O.にも対応している。

そのほかの仕様と価格は次の通り。

T30 166E/5W
CPU:Core 2 Duo T5500-1.66GHz|メモリー:PC2-5300 512MB|グラフィックス:Intel 945GM Express内蔵|HDD:80GB|光学ドライブ:CD-R/RW&DVD-ROMドライブ|ディスプレー:15.4インチワイド 1280×800ドット
通信機能:10/100BASE-TX|バッテリー駆動時間:約1.1時間|サイズ:幅362×奥行き267.8×高さ39.3(最薄部33.5)mm|重量:約2.8kg
OS:Windows Vista BusinessもしくはWindows Windows XP Prpfessional SP2
価格:Vista Business/XP Professional SP2ともに19万7400円
T30 160C/5W
CPU:Celeron M 520-1.60GHz|メモリー:PC2-4200 512MB|グラフィックス: 943GML Express内蔵|バッテリー駆動時間:約0.9時間
OS:Windows Vista BusinessもしくはWindows Windows XP Prpfessional SP2
価格:Vista Business/XP Professional SP2ともに17万1150円

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン