このページの本文へ

日本通信、“bモバイル”に本人確認システムを導入

2007年05月15日 21時44分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本通信(株)は14日、PHSデータ通信などの通信サービスを提供する同社の“bモバイル”サービスについて、利用者を特定する本人確認システムを導入すると発表した。これは警察庁の要請によるものだという。

導入開始する本人確認システムは“リンク・システム”と呼ばれ、利用者が専用番号に自分の携帯電話機かPHSで連絡し、bモバイルカードの固有番号を登録することで、bモバイルの登録番号と本人の携帯電話機・PHSが特定できる。

リンク・システムの利用により、bモバイル採用製品が悪用された場合、利用者の携帯電話機またはPHSを特定でき、警察による捜査を進めることができるという。

本人確認システムが必要となるのは、7月頃から出荷されるbモバイルカードおよび更新パッケージ。対象製品には外箱などに案内が記載される予定という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン