このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発!第44回

録画番組をDVDに書き込めるようになったWindows Media Center

2007年05月16日 11時00分更新

文● 柳谷智宣 アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows Vistaが備える“Windows Media Center”は、『Windows XP MediaCenter Edition 2005』の基本機能を踏襲しつつ、インターフェース面で改良されている。さらに、標準で搭載したDVD書き込み機能(関連記事)を利用し、録画したテレビ番組を書き出せるようになった。

Windows XP MediaCenter Edition 2005の画面 Windows VistaのWindows Media Center
Windows XP MediaCenter Edition 2005の画面Windows VistaのWindows Media Centerは、配色が変わったほかデザインも変更されて立体感が増している

この機能はWindows VistaのHome Premium、Ultimateでお使いいただけます。

VistaのWindows Media Centerは、従来と同様に10フィートUIを採用しており、リモコンを使って操作できる。画面の配色が暗いブルーに変更されたほか、メニューの動き方や表示方法も滑らかな動きに変わった。注目される機能は、充実したメディアオンラインと、従来はできなかったDVDビデオ形式での書き出しだ。日本では地上アナログ放送しか表示・録画できないのがネックだが、DVDビデオの再生と書き出しが、標準で行なえるようになった点は評価できる。

Windows Media Centerでは“ビデオDVD”で書き出せるようになった テレビ番組を再生中にメニューを表示した状態
テレビ録画をDVDに書き込む際、従来は“データDVD”しか選べなかったが、VistaのWindows Media Centerでは“ビデオDVD”(DVD Video)で書き出せるようになったテレビ番組を再生中にメニューを表示した状態。サムネイルではなく、メニューのバックで番組が表示され続けるのが便利
画像ライブラリと音楽ライブラリは、サムネイル全体が大きく左右にスライドするインターフェースになった メディアオンラインのコンテンツは大幅に充実
画像ライブラリと音楽ライブラリは、サムネイル全体が大きく左右にスライドするインターフェースになったメディアオンラインのコンテンツは大幅に充実。リモコン操作にもきちんと対応しており、実用度が高くなった

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン