このページの本文へ

SNSも同時にサービス開始

ミッションクルー、音声感情識別技術で通話中の感情を識別する『エレファントミラー』を開始

2007年05月14日 16時14分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミッションクルー(株)は14日、“Skype”(スカイプ)やMSNメッセンジャーなどインターネット経由の音声通話ソフトを利用して音声から“感情”を識別するというコミュニケーションソフト『エレファントミラー』(愛称:エレミ)と、それを使ったSNS(ソーシャルネットワークサービス)を7月1日に開始すると発表した。料金は無料。

エレファントミラー エレファントミラー

エレファントミラーは、音声通話機能を持つSkypeやMSNメッセンジャーなどで利用できる音声感情識別ソフト。パソコンにインストールすることで利用でき、ユーザーの発生から音声感情と単語を分析する。音声感情の度合いにより、仮想キャラクター“エレミ”がデスクトップ上で連動したアクションを起こすという。ソフトウェアのダウンロードは、同時にサービスインするSNSサイトから行なう。

なお、エレファントミラーの画面上には、音声感情に応じたバナー広告や、発声した単語に連動した広告が表示される。広告の内容は随時会話に連動しながら切り替わり、複数人の会話にも対応しているという。

対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me/98 SE/98。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン