このページの本文へ

カスタム仕様?ハイスペック“nForce 680i LT SLI”搭載マザーがDFIから!

2007年05月10日 23時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DFIから“nForce 680i LT SLI”を搭載するLGA775対応マザーボード「LANPARTY UT NF680i LT SLI-T2R」が発売となっている。同社独自と思われるハイスペックな作りが特徴だ。

「LANPARTY UT NF680i LT SLI-T2R」
“nForce 680i LT SLI”を搭載するLGA775対応マザーボード「LANPARTY UT NF680i LT SLI-T2R」。メモリ周り以外のスペックは“nForce 680i SLI”搭載のリファレンスマザーと変りは無い

 「LANPARTY UT NF680i LT SLI-T2R」は、すでに発売されているNVIDIAリファレンスの他社製品とは異なる仕様となるのがポイント。言ってみれば、同じ“nForce 680i LT SLI”を採用するNVIDIAリファレンスデザインのマザーボードよりも、チップセットのポテンシャルを最大限に引き出したのがウリとなる製品だ。もう少し分かり易く言うと、上位モデルのチップセット“nForce 680i SLI”を搭載するリファレンスデザインのマザーとほぼ同じスペックとなる。違いは“EPP”対応メモリ使用時に800MHzまでの対応となる点のみ(nForce 680i SLIでは1200MHzまで対応)だ。

ポップ 拡張スロット I/O部
上位モデルのチップセット“nForce 680i SLI”を搭載するリファレンスデザインのマザーとほぼ同じスペックとなる拡張スロットがPCI-Express x16×3(PCI-Express x16動作×2、PCI-Express x8動作×1)、PCI-Express x4×1、PCI×3I/O部の構成。デュアルギガビットイーサネットやIEEE1394、8chサウンド(取り外し可能)などを備える

 よって主なスペックは以下の通り。拡張スロットがPCI-Express x16×3(PCI-Express x16動作×2、PCI-Express x8動作×1)、PCI-Express x4×1、PCI×3。メモリはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667/533、EPP対応メモリ使用時はDDR2-800まで、最大8GB)で、デュアルギガビットイーサネットやIEEE1394、8chサウンド(取り外し可能)、Serial ATA II×6(RAID 0/1/0+1/5)+2(SiliconImage“SiI3132”RAID 0/1/0+1)、Ultra ATA 133×2などをオンボード。
 さらにユニークな点として、出荷時には基板上に搭載されている“nForce 680i LT SLI”が剥き出しの状態となっているというところが挙げられる。別途、単体販売しても十分に売れそうな大型のファンレスヒートシンクが付属しており、ユーザー自らが取り付ける仕組みとなっている。本日、再入荷したのはアーク。紹介しておいて再入荷というのもなんだが、このマザーは実はGW中に入荷し即完売となっていた。価格は3万7980円。“nForce 680i LT SLI”搭載マザーの価格としてはかなり割高となるが、前述のようにメモリ周り以外のスペックは“nForce 680i SLI”と同等。と考えれば約4万円で販売されている“nForce 680i SLI”マザーを買うよりは安く、メーカーオリジナル設計の“nForce 680i LT SLI”マザーを手に入れることができる。決して高いというわけではなさそうだ。

680i LT
“nForce 680i LT SLI”が剥き出しの状態。コア欠けには十分注意を払いつつ大型のファンレスヒートシンクを装着する

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中