このページの本文へ

【レビュー】Core 2 Duo搭載の最強モバイルノート

Let'snote R6 (CF-R6AW7AJP)

2007年05月14日 00時00分更新

文● 垣内吾郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

10.4インチ液晶ディスプレーで、重さ約930gのモバイルノート『Let'snote R6』についに夏モデルが登場! CPUに『Core 2 Duo』を搭載するなど、仕様面が強化されたうえ、カラー天板/カラーDVDマルチドライブなどマイレッツ倶楽部の限定サービスも充実した。

ブラックストーン天板とブラックDVDドライブ
ブラックとレッドの色が用意された、オプションのDVDマルチドライブ。特にブラックモデルは、ASCIIコラボモデルの漆黒のカラー天板“ブラックストーン”と相性抜群だ!


CPU、メモリー、HDDなど仕様を強化!

Let'snote R6 『Let'snote R6』

この春、Windows Vistaがサクサク動くモバイルノート『Let'snote R6』に脱帽したとお伝えしました。が、この夏モデルは、心臓部であるCPUにインテルの最新モバイルプロセッサー『Core 2 Duo 超低電圧版U7500-1.06GHz』を採用してマルチタスク時のパフォーマンスが大幅にアップ! グラフィックなど負荷の高いプログラムを複数同時に動かしても、より快適に作業することが可能になった。

個人的には春モデルでも、Vista採用モデルとして十分なパフォーマンスで、かな〜り大満足だったのだが、夏モデルのR6Aを使ってみるとまじめにちょっと驚きます。なぜなら、モバイルノートではちょっと負荷高すぎかな? という動画編集系のソフトすら、さほどストレスを感じずに作業できてしまうのだ。

標準状態でのメモリーやHDDも強化されているのだが、チェックしたマシンは、レッツノート倶楽部でカスタマイズしたメモリー最大2GB、HDD160GBモデル。スペック的にもメインマシンとしても十二分なものだ。

CPUを始め、全体にパワーアップした夏モデルだけに、気になるのはレッツノートR6シリーズの魅力であったバッテリー持ち時間はどうなのか?、発熱は大丈夫?ということなのだが、どちらも全くといっていいほど心配は要らない。パナソニック独自の放熱構造などの技術を駆使して高性能と長時間駆動を見事に両立。ファンレスなマシンに仕上げられているのだ。

そして、なんといってもちょっと値は張るがメインメモリ2GBの実力で、Vistaの快適な動作でビジネスもエンタテイメントもこのモバイルノート1台で満喫できる。

円形ホイールパッド 使いやすさで定評のある円形ホイールパッドも健在だ

(次ページに続く)



ポートリプリケーターでケーブルを楽に抜き差し

ミニポートリプリケーター
ミニポートリプリケーターを使えば、4基のUSB 2.0/Ethernet/外部ディスプレー/ACアダプターのケーブルを一度に接続できる。価格は税込2万1000円

もちろん小さなボディにインターフェース類も左右側面に十二分に装備されているし、春モデルからオプションで用意されているポートリプリケーターを使えば、マウスやプリンター、外部ディスプレーと、USB 2.0やEthernetなどで接続したLAN/周辺機器とR6を、たった1本のケーブルで付け外しできる。しかも、ACアダプターを接続しておけば、充電もできてしまうという多機能ぶりだ。R6Aをメインマシンとして、自宅でも外出先でもバリバリ使うには必須の環境ができあがってしまうのだ。

左側面 右側面
ポートリプリケーター用の端子は、本体の左側面にある


黒と赤から色を選べる! DVDマルチドライブ

DVDマルチドライブ
この光沢感がたまらない漆黒のDVDマルチドライブ『LF-P968C-K』。単体でも手に取りたい欲望がわきあがる
LF-P968C-R
こちらはレッドカラーの『LF-P968C-R』。ブラック/レッドともに価格は税込2万3800円だ

さらに、R6AにピッタリなオプションとしてMULTIドライブ『LF-P968C』も発売された。Windows Vistaに対応した最新のアプリケーションが添付され、DVD±Rが8倍になるなど読み書き速度も大幅にUP。これでR6Aとの組み合わせで、より快適に作業ができる環境がますます充実してきたといえるだろう。

そして、ついにマイレッツ倶楽部オリジナル天板色も登場。R6の人気カラー“ブラックストーン”と“レッドベリー”をイメージした“ブラック”と“レッド”の2色が用意されている。同系色のレッツノート本体と合わせてのカラーコンビネーションは抜群、他色と合わせてもファッショナブルなコーディネイトができ、より楽しくそしてパワフルにレッツノートを使いこなしたいなら注目のアイテムだ。

また、おなじみの「マイレッツ倶楽部限定カラー天板」夏の新色は“オレンジコンポート”と“ブルーベリー”の2色。今年の暑い夏はビジネスシーンを涼しげ演出してくれそうで、爽やかなカラーで自分を演出してみてはどうだろう。

オレンジコンポート ブルーベリー
R6のカラー天板には、“オレンジコンポート”と“ブルーベリー”の2色が追加された

もちろん、動作時に76cm落下試験をクリアーするタフなボディや、万が一キーボードに水をかけてもPC内部への侵入を防ぐキーボード全面防滴構造、約155gの超小型ACアダプター、オフィスや自宅での作業効率を一層高めてくれるミニポートリプリケーター対応など、春モデルで魅力的なアピールポイントであった基本機能はそのまま受け継いでいる。OSにWindows XP搭載モデル選択も加わっており、多様なニーズに答えてくれているのもポイント。

キーボードもローマ字のみがプリントされたすっきり仕様を変更できるのもオリジナリティを増してくれる。底面に付けられるネームプレートは、ヘアライン仕上げか、ミラー仕上げに書体も5種から選べるというこだわりも健在。

今なら、メモリー増設キャンペーン、分割手数料特別金利1%キャンペーンなど、お得な特典も盛りだくさん。Vistaが使えるモバイルを検討しているなら、ぜひチェックしてみよう。

もちろん同じ“レッツノート”シリーズのT5やW5も、R6同様CPUを強化! Core 2 Duoプロセッサーを採用した。メインメモリーとHDD容量を増加させ、基本機能がますます充実。もう少し大きな画面で作業したいとか、できれば2スピンドルノートがいいなんて、ユーザーの細かな要望に応えてくれるのもレッツノートシリーズならではだ。とにかく、“そろそろVista”なこの夏モデルは、選び甲斐がありますぞっ。


Let'snote R6(マイレッツ倶楽部カスタマイズ版)の主なスペック
製品名 Let'snote R6(CF-R6AW7AJP )
CPU Core 2 Duo 超低電圧版 U7500-1.06GHz
チップセット インテル945GMS Express
メインメモリー 標準1GB(オンボード)/最大2GB(DDR2 SDRAM)
ビデオメモリー 最大224MB(メインメモリーと共用)
HDD 160GB(SATA接続)
FDD オプション
液晶ディスプレー 10.4インチXGA(1024×768ドット/約1677万色)表示TFTカラー液晶パネル
無線LAN インテルPRO/Wireless 3945ABGネットワーク・コネクション(IEEE 802.11a(J52/W52/W53)/b/g準拠)
通信 10/100BASE-TX、56kbps(V.90準拠)ファクスモデム
インターフェース USB 2.0×2、外部ディスプレー(アナログRGB ミニDsub15ピン)、ミニポートリプリケーターコネクター(専用50ピン)、音声入出力
バッテリー リチウムイオン充電池(約7.5時間)
本体サイズ 幅229×奥行き187×高さ42.5(最薄部29.4)mm
重さ 約940g

提供:松下ネットワークマーケティング(株)


カテゴリートップへ