このページの本文へ

Apple TV OS 詳細解析 ― 第4回

DivXは再生できる?

2007年05月26日 01時30分更新

文● 白屋麻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Apple TV
Apple TV

前回まではApple TVがMac OS XをベースとしたOSで動作していること、GUIは『Front Row』を用いていることなどを述べてきた。

さてMac OS Xでは、プレインストールされているマルチメディア再生環境『QuickTime』にプラグインを追加することで、WMVやDivX、flv(フラッシュビデオ)といった様々な動画を再生することができる。

一方、AppleTVがサポートしているのは、MPEG-4やH.264といったiTunesがサポートするフォーマットだけ。AppleTVではWMVなどを再生できないのだろうか? 今回はこの点を追求した。



再生に関わる2つの問題


DivXをAppleTVで再生するためには、2つの問題が立ちはだかる。1つは、先ほども述べたように、AppleTVがDivXなどのコーデックを内蔵しておらず、そもそも再生するソフトウェアがないという点。

そしてもう1つは、Apple TVとムービーを同期するときに使う『iTunes』が、これらのムービーを受け付けないため、そもそもムービーをApple TVに転送できないという点だ。

前者については、AppleTVもMac OS Xも同じQuickTimeを動画再生エンジンに使っているため、QuickTimeのプラグインを組み込むことで解決できる。おススメのプラグインは、DivXやflvなど多種のコーデックを1つのコンポーネントにまとめたオープンソースの『Perian』だ(http://perian.org/)。

Perian 左上のブロックおもちゃのような形をしたアイコンが『Perian』。Apple TVのHDDを抜き出し、“OSBoot”パーティションの“Library”→“QuickTime”フォルダー内にコピーする

後者は少々面倒だが、こちらもプラグインをApple TVに組み込むことで解決できる。海外のハッカー、ericIII氏が手掛ける『ATVFiles.frappliance』というプラグインをAppleTVのFront Rowに組み込もう(http://wiki.awkwardtv.org/wiki/ATVFiles)。

通常、Apple TVで再生するためのコンテンツは、“Media”パーティション内に保存されるが、ATVFiles.frapplianceを組み込んだあとは、“ホーム”→“ムービー”フォルダーにコピーしたファイルを一覧して、再生できるようになる。

ムービー自体の転送には、Apple TVからHDDを抜き出してコピーしてもいいし、以前の記事で組み込んだsshdを利用し、SFTPを使ってネットワーク経由でコピーする方法もある。いずれにせよiTunesを用いず、直接ファイルをコピーすることになるためやや面倒だ。

ATVFiles.frappliance
『ATVFiles.frappliance』。Apple TVの“OSBoot”パーティション内にある、“System”→“Library”→“CoreServices”→“Finder.app”→“Contents”→”PlugIns”のフォルダーに組み込む


実は労多くして益少なし?


HDDの取り出し
DivXなどのムービーを再生するためには、結局HDDの取り出しが必要になる

実際にPericanとATVfilesをApple TVに組み込んだところ、確かにDivXムービーを再生できるようになった。しかし、まずHDDを抜き出してコンポーネント(最低でもsshd)を組み込む必要があるうえ、ムービーもiTunesを使わずに管理することになる。標準フォーマットの動画や音楽とは別の管理となり、iTunesの利便性も享受できず、個別のムービーをいちいち転送する手間がかかるといったように、正直、使い勝手はあまりよろしくない

画質や音質の劣化が気にならないなら、ムービーを変換してiTunesに取り込んだ方が、結局のところ手間がかからない。そうした意味では、この方法はあまりお奨めできない

ファイル項目
PericanとATVfilesを組み込んだあと。Apple TVのメニューに“ファイル”項目が現れるので、これを選択すると……
ムービー選択 再生
“ホーム”→“ムービー”フォルダーにコピーしたファイルを一覧して、再生できるようになる

とはいえ、興味深いのはATVfiles.frapplianceの存在だ。このツールは、Front Row(AppleTVのFinder.app)の“PlugIns”フォルダーに組み込んで使うが、そもそもMac OS XのFront Rowには“PlugIns”フォルダーが用意されていない。前回のバージョン番号といい、Apple TVのFront Rowは、どうやらMac OS Xのものとは何か違うバージョンであることをうかがわせる。


カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください