このページの本文へ

UDXの熱き戦場で水木一郎氏が熱唱!! 特殊部隊員は許可なく死ぬことを許されない!

2007年04月28日 22時09分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 秋葉原を襲った激しい嵐は、ショップにとっては売り上げ減の大迷惑以外の何ものでもないが、戦場を舞台としたこのゲームにはふさわしい? オンラインFPSゲームのイベント“SPECIAL FORCE オフラインパーティー2007”が、秋葉原UDX2階のイベントスペース“アキバ・スクエア”にて開催された。

秋葉原UDX2階のイベントスペース“アキバ・スクエア”で開催された“SPECIAL FORCE オフラインパーティー2007”。イベント運営は同オンラインゲームを運営するNHN Japan

 このイベントでは、特殊部隊の一員となって戦場を戦う「SPECIAL FORCE」の試遊台が設置されていたほか、協賛の東京マルイによるシューティングレンジなどが用意されていた。
 また、この日は「SPECIAL FORCE」のオフライントーナメント大会も開催され、スゴ腕プレイヤーたちによる、白熱したバトルも行なわれたほか、アニメソング界の重鎮にして“アニキ”の通称で知られる水木一郎氏によるライブ&トークショーも行われ、生アニキの歌声に聞き入る人々の姿が見られた。

ポスター“AKIBA_ICHI”の入り口付近には、水木一郎氏の来場を謳ったイベントポスターが貼られ、足を止め見入る人の姿が見られた

 試遊台は全部で4台。すでにプレイしている人も、そうでない人も一緒になってゲームを楽しんでいた。プレイに使用していたPCは「SPECIAL FORCE」オススメのドスパラオリジナルPC。それに、ロジクールのゲームキーボード「G-15」とレーザーマウス「G3」を接続していた。

FPSをプレイしたことのない人には、ハンゲームのスタッフが遊び方を説明してくれた

 電動ガンのシューティングレンジコーナーでは、弾を連続発射する“フルオート乱射ゲーム”と、精神力と緻密を試される“リアルスナイパーゲーム”の2つが用意されていた。フルオート、スナイパー共に、発売されているモデルのものだけだったが、滅多に体験することの出来ないシューティングレンジを体験したいと思う人は多かったようだ。なお、シューティングレンジを体験すると、東京マルイ特製のステッカーが記念品として貰えた。

シューティングレンジ スナイパーライフル
的までの距離は3~4m程度と若干手狭ではあったが、日頃から銃に触れる機会の少ない日本人ということもあり、的に命中させられない人も多くいたようだ東京マルイ製のボルトアクションエアーライフル「VSR-10 G SPEC」などが試射できた

 ステージイベントでは、まず「SPECIAL FORCE」オフライントーナメントの予選が行なわれ、続いて“アニキ”によるライブ&トークを実施。登場と同時に国民的アニソン「マジンガーZ」のオープニングテーマを熱唱した。トークではゲーマー水木としての一面を覗かせて熱いゲーム魂を語り、最後に新曲「獣拳戦隊ゲキレンジャー」エンディングテーマ「道(タオ)」を熱く歌い上げ、ステージを後にした。

水木一郎氏水木一郎氏からは「最近は、オンラインゲームをプレイしている」や、「ゲーマーだから、ゲーマーの気持ちはわかる」といった発言が飛び出し、アニソン界の“アニキ”としてだけではなく、ゲーマーとしての熱い魂も顔を見せていた

 ライブの熱気をそのままにトーナメント決勝が行なわれ、カウンターストライク日本代表のケニー氏が圧倒的な強さを見せて見事優勝して、イベントは幕を閉じた。

コンパニオン コンパニオン
イベント会場では、銃を持ったセクシーなコンパニオンのお姉さんの姿も見ることが出来た

【取材協力】

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社