このページの本文へ

薄さ12mm、連続稼働50時間を実現

電子ペーパーを搭載した初の携帯端末が発売に

2007年04月20日 17時43分更新

文● 編集部 橋本 優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通フロンテック(株)と(株)富士通研究所は20日、両社が共同開発した“カラー電子ペーパー”を採用した、薄さ12mmの携帯情報端末“ユビキタスコンテンツブラウザー『FLEPia』”(フレッピア)を発表した。サンプル出荷は10月末に開始の予定で、一般販売は2008年から。

『FLEPia』。左がA4タイプ、右がA5タイプ
『FLEPia』。左がA4タイプ、右がA5タイプ

FLEPiaは12インチのA4タイプ(幅210×高さ304mm)と8インチのA5(幅158×高さ240mm)タイプの2種類があり、ともに厚さは12mmで前者は480g、後者は320gと薄型・軽量なのが特徴。フィルム基板を採用する電子ペーパーをディスプレーとして搭載しているが、タッチパネル方式を採用し、表示解像度は768×1024ドット、8色または4096色のカラー表示が可能となっている。

 A5タイプのFLEPia。カラーラインナップはシルバー(左)、ピンクパール(右)のほかホワイトパールもある
A5タイプのFLEPia。本体カラーのラインナップはシルバー(左)、ピンクパール(右)のほかホワイトパールもある
A4タイプで新聞を表示するとこんな感じ。なお、会場の実機はJPEG変換したコンテンツを表示していたが、将来的にはハイパーテキストを表示する感じになるという
A4タイプで新聞を表示するとこんな感じ。なお、会場の実機はJPEG変換したコンテンツを表示していたが、将来的にはハイパーテキストを表示する感じになるという
小説を表示したイメージ
同じくA4タイプに小説を表示したイメージ。文字が大きくてちょっとびっくり。なお画面の更新にかかる時間は8色で2秒、4096色で10秒

両社の開発した電子ペーパーは、一度画像の表示を行なうと電力を消費せずにそのまま表示し続けることが可能なのが特徴。消費電力が低く、8色表示のコンテンツを1分ごとに3000枚表示(画面更新)するというシチュエーションで、50時間の連続稼動が可能だという。この電子ペーパー自体は2005年7月に開発中のものが初披露され(関連記事)、2006年10月にはプロトタイプ端末が公開されていた(関連記事)。

薄さはA4、A5タイプともに12mm。写真はA4タイプの側面
薄さはA4、A5タイプともに12mm。写真はA4タイプの側面

OSにはWindows CE 5.0を採用し、WordやExcelなどの文書ファイル、JPEGなどの画像ファイルの表示のほか、ウェブブラウズなども可能。無線LAN(IEEE 802.11b/g)機能を内蔵しており、セキュリティーとしては128bit AES暗号方式に対応する。そのほかUSB 2.0端子、SDメモリーカードスロットを搭載しており、SDメモリーカードは4GBまで対応する(4GB以上の容量を実現する“SDHC”規格にも対応)。

メインメニューとなる“マイメニュー”(左)と“電子新聞ライブラリー”(右)の画面。タッチパネルで操作できる
メインメニューとなる“マイメニュー”(左)と“電子新聞ライブラリー”(右)の画面。タッチパネルで操作できる
ディスプレーはタッチパネル方式だが、下方には操作ボタン(6つ)もある
ディスプレーはタッチパネル方式だが、下方には操作ボタン(6つ)もある
スタイラスが付属しており、PDAのように上部に収納するための穴がある
スタイラスが付属しており、PDAのように上部に収納するための穴がある
ソフトキーボード
ソフトキーボード。小説の文字の大きさと比べると、やや小さく感じるかもしれない

年内はサンプル販売(1000台)にとどまる。10台単位での販売となり、価格(10台セット)はA4タイプで262万5000円、A5タイプで157万5000円となっている。本日販売を開始し、出荷開始は10月末となる。商用モデルの一般販売は2008年を予定しており、本格的な量産は2009年になるという。量産段階では4~6万円の価格設定にしたいとのこと。

両社はコンテンツ配信ビジネスも検討しており、具体的にはFLEPia用ウェブサイトの運営や既存新聞社、出版社、電子書籍サイトとの連携、フリーペーパーなどの配信代行など考えているという。イメージとしては(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモの“iモード”のように、FLEPia用サイトの上で各社のコンテンツを提供する、という形態を考えているそうだが、コンテンツ自体は共通フォーマットを決めるといったことをする予定はないという。

FLEPiaを手にする富士通フロンテック経営執行役常務の利根廣貞氏
FLEPiaを手にする富士通フロンテック経営執行役常務の利根廣貞氏

富士通フロンテック 経営執行役常務の利根廣貞(とねひろさだ)氏は、電子ペーパーについて「2010年には市場規模で572億円になる」との(株)矢野経済研究所の調査結果を引用した上で、電子ペーパー市場において「20%のシェアを目指していきたい」と語った。また「完全ペーパーレスの電子会議などを実現したい」と将来像を語った。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART