このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Chizzy Dilleyのセカンドライフレポート

日本発の歓楽街“KABUKI”を歩く

2007年04月18日 10時00分更新

文● Chizzy Dilley (インワールドリポーター)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
著者近影 - ChizzyDilley
Chizzy Dilley

「セカンドライフの中で、何が起こっているのか」

 そんな題目が、あちらこちらのメディアで飛び交っている。でも本当の意味での“インワールド”の様子をきちんと紹介しているリアルのメディアは、まだひとつもないと思っている。

 ゲームではない、もうひとつの生活。お金やビジネスだけが目的じゃなくて、発展的な想いをつなぎ、それが少しずつ形になり始めている感覚。仮想空間に存在する“もう一つの地球”の創世記を目の当たりにできる。そんなインワールドの“リアル”を紹介するのが私の仕事だ。



アングラあり、エッチあり


 今回取り上げるのは、セカンドライフ内に、大人のエンターティメントシティーとしてオープンした“KABUKI”。

KABUKIの花火
KABUKI。7日のオープンには、約20分間いろんな色や形の花火が打ち上げられました
花火を見上げる
アバターが空を見上げているはずなのに、なぜか首が痛くなったのは私だけですか?

 この街が活気付いているのは、人間の“光”と“影”の両面にクローズアップしているから。この街を見ていて、「臭いものには蓋を」しないほうが、いろんな発展的なことが起きていくんだと思った。

 それはテクニカルなことも、コミュニティー的な内容も同じだ。KABUKIには、ライブ活動を行なうシンガーがママを務めるラウンジもあれば、海外有名どころのクリエーターやアーティストたちとのコラボエリアもある。でも、なんと言っても注目なのは、日本人SIM*としては初めて、アダルトコンテンツを取り入れたこと。

*SIMはSecon Life内の土地の単位。1つのSIMは現実世界では甲子園球場1.65個分相当する。

 KABUKIには、ストリップやキャバクラ、ラ○ホテルまであるのだ。

 これがセカンドライフの醍醐味。正直「セカンドライフがなんだかよく分からない~」と思っている人たちに伝えておきたいのは、建物や小物などの仕掛けは、最初からできているのではなく、住人たちが自らの手で作り上げてきたものだということ。すべてがまっさらな土地にユーザーみんなで作り上げたものだ。

ラブホ前 ラブホフロント
いわゆる○ブホテルの前に来ました。もちろんバーチャルで、できます部屋はフロントで選びます。リンデンドルを払ってね
ラブホ前 ラブホフロント
ここがストリップ。プライバシー保護のため、誰もいないときを見計らって撮影に来ました。こちらは控え室。無料でセクシーな衣装が提供されます。

 ちなみに、ストリップとはいってもちゃんとルールがあって、踊り子さんにはむやみにタッチしてはいけない(チップも払いましょう♪)。外国人のお客さんも来るし、一般レジデンスも踊り子になれる。

 オーナーのNomuraさんは、もともと「トラフィックス(ネット上を飛び交うデータ量)を競うような流れには便乗したくない」と、イベント開催を控えていたそうだ。しかし、まわりの人たちの盛り上がりの様子に応える形で、オープニング時には本気イベントが開催された。

 まずは、ド派手な演出がされたオープニングの様子からお伝えしましょう。

(次のページに続く)

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART