アルファブロガーを魅了する“ミニブログ”

文●林信行(ITジャーナリスト)

2007年04月06日 21時30分

 最近、世界のトップブロガー達がハマっているサービスに“ミニブログ”がある。

 ミニブログとは、筆者が便宜的に命名したものだ。自分の近況や気になった情報を書き込んで掲載するという点ではブログに似ているが、より手軽かつ気楽に投稿できる仕組みになっているのが特徴だ。特に人気のあるのが、“twitter”(トウィッター)と“tumblr.”(タンブラー)という2つのサービスである。

 twitterは、日本のブログ普及に貢献した伊藤穣一氏や、シックス・アパートで『Movable Type』などの日本語化に貢献した平田大治氏が利用している。一方、tumblrを愛用するのは、日本を代表するブロガーのひとり“ネタフル”のコグレマサト氏や、ブログマーケティングの開拓者である(株)カレンの四家正紀氏などだ。



今の気持ちを140字で表現


 twitterは“いま何をしているか?”(What are you doing?)という情報をみんなで共有して楽しむのがコンセプトだ。

 パソコンをやりながら聞いている音楽から、楽しい、寂しい、お腹がすいたといった今の気持ちなどを、短い言葉で表現できる。投稿できるのは文字だけで、ちょうどインスタントメッセンジャー(IM)のステータスを使う感覚に似ている。文字数は最大140字までだ。大抵の人は二言三言の短い文に抑えている。

 ブログ“いい感じ”の筆者、kwmr氏は

ただのチャットステータスのようなものなのに、それを書くことだけのことがこんなにまで楽しいとは思わなかった

と驚いている。

 チャットのステータスと違うのは、過去に入力した文が蓄積されていくところと、文を入力するたびにそれが新着情報としてRSS配信される点だ。2つともまさにブログの特徴である。



チャット感覚でサクっと更新


 twitterには、ほかにも気の利いた機能が備わっている。まずIMを使って更新できるということ。twitterの“ボット”をIMの会話相手に設定して、一言メッセージを告げると、その内容が自動的に投稿される。

 また海外では、携帯電話のSMSからの投稿も可能だ。SMSはNTTドコモのショートメール、auのCメール、ソフトバンクモバイルのスカイメールなどに相当するサービスだが、残念ながら日本の携帯電話機からtwitterは更新できなかった。

 もうひとつの注目すべき機能は、RSSが数種類用意されているということ。自分の入力したステータスだけを確認することもできれば、自分と自分のステータスを合わせたRSSを受信することもできる。優れたRSSブラウザーなら、複数のRSSを選択できる。



自分のブログに貼り付けられる


 さて、「ミニブログということは、ブログを持っていない人用?」と誤解する人もいるかもしれないが、そんなことはない。

 twitterにハマっているアルファーブロガーの中には、ブログに大勢の読者がついていて、なかなか気軽に自分のブログを更新できないという人も多い。twitterでは、そういうブロガー用に、自分のブログのサイドバー(左右のエリア)に貼れるJavaScriptのブログパーツも用意している。

 このパーツをブログに貼っておけば、ひとつのエントリーを書くのはちょっと腰が重いが、ちょっと今の気分や近況を書きたいといったときに役立つだろう。

(次ページに続く)

“はてブ”以上、ブログ未満のtumblr.


 twitterと並んで大きな注目を集めているミニブログが“tumblr.”というサービスだ。こちらはテキストだけでなく、写真や動画、リンク、ほかのブログからの引用なども投稿できるし、普通に長文の記事も投稿できる。

 多くのブロガーはこのtumblr.を、ウェブ上で見つけたおもしろいページや写真、動画のメモスクラップブックとして使っている。

 というと“はてなブックマーク”などのソーシャルブックマークを想像するかもしれないが、tumblr.は単にブックマークするだけでなく、そのページのコンテンツを引用し、自分のページにも表示できる。つまり、半ブログ的に活用できる点が大きな違いになる。ただし、ブログのようにタグ付けして記事を分類するような機能は持っていない。

 インターネットには、ほかのウェブページで見つけたおもしろいコンテンツのリンク集を作っているブログがあるが、これと同じものを「より少ない労力で作れるのがtumbr.だ」と書くと理解しやすいかもしれない。



最短2クリックで記事を更新


 コグレマサト氏と共に書籍『クチコミの技術』(日経BP社)を著した、いしたにまさき氏(ブログ“みたいもん”の筆者)は、

tumblr.の魅力は、とにかくブックマークレットが使いやすいことだ

と語る。

 ブックマークレットとは、ウェブブラウザーのブックマークバーに登録して、手軽に機能を呼び出せるプログラムのことである。tumblr.の更新作業は、まず最初に“このブックマークレットをクリック”し、次に“登録するファイルのジャンルを選んで作成ボタンを押す”だけと至極簡単だ。

 例えば“YouTube”の動画だったら、ブックマークレットで投稿画面を開いて“Video”タブを指定。“Create Video”ボタンを押すと、自分のtumbler.のページに動画を埋め込み表示できる。

 この(1)ブックマークレットをクリック、(2)ボタンをクリック(場合によってはタブの切り換えでもう1クリック)という“最短ルート”で、気になったコンテンツを片っ端からメモできる手軽さが人気の秘密だろう。



RSSで複数のtumblr.を束ねることも


 ブログ“Drift Diary12”の著者、drikin氏は

レイアウトを簡単に変更できたり、RSSを簡単に取り込めることもtumblr.の魅力だ

と語る。

 彼は自身のtumblr.に写真共有サイト“Flickr”に投稿した写真をRSS経由で取り込んでいる。RSSは複数登録できるため、例えば複数のブログを書いている人が、各ブログのRSSをtumbler.に登録してひとつにまとめる、といった使い方もできそうだ。twitter同様、tumbler.に記事を書くと一緒にRSSが生成されるので、例えば複数のtumblr.をひとつのtumblr.にまとめるといった応用も可能だ。

いずれにしても、あらゆるチャンネルから、あらゆる楽な手段で投稿できる──。この“気軽さ”がtumblr.と一般のブログの大きな違いだ。


 今後、こうしたトレンドが、日本に受け入れられるのか、それとも徐々に沈下して行くのかは気になるところだ。2つのサービスのRSSや、twitterの公開APIをうまく活用して、新しいマッシュアップのサービスが生まれるのかどうかも、これからのお楽しみだ。


筆者紹介─林信行

 フリーランスITジャーナリスト。ITビジネス動向から工業デザイン、インタラクションデザインなど多彩な分野の記事を執筆。『MACPOWER』『MacPeople』のアドバイザーを経て、現在、日本および海外の媒体にて記事を執筆中。マイクロソフト(株)の公式サイトで執筆中の連載“Apple's Eye”で有名。自身のブログ“nobilog2”も更新中。オーウェン・リンツメイヤーとの共著で(株)アスペクト刊の『アップルコンフィデンシャル(上)(下)』も発売中。


■関連サイト

■関連記事