このページの本文へ

アップル、Vista対応の『Boot Camp 1.2 Beta』を公開

2007年03月29日 15時00分更新

文● 小口博朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米アップル社は現地時間の28日、インテルMacでWindowsを起動するツール『Boot Camp 1.2 Beta』を公開した。新バーションではWindows Vistaを正式にサポートしている。

配布サイト インストーラー
アップルのBoot Campの配布サイト(左図)と、インストーラーの画面(右図)。本稿執筆時点で日本語版サイトでは新バージョンの配布は始まっていなかったが、米サイトから入手したインストーラーでも日本語で表示される

Boot Campは、この春に発売予定の次期Mac OS X“Leopard (レパード)”に搭載される予定。Mac OS X上に仮想マシンを構築し、Windowsなどを実行する『Parallels Desktop for Mac』とは異なり、Boot CampではMac OS Xとは別にWindows用のボリュームを作成し、Windowsだけを起動するのが特徴だ。

バージョン1.2は、昨年10月にリリースされた1.1.2に次ぐアップデーターとなる。最新版で改良された主な点は以下のとおり。

  • Windows Vista(32bit版)のサポート
  • トラックパッドやグラフィックなど、各種ドライバーの改良
  • 『Apple Remote』への対応
  • Boot Campの状態を管理するタスクトレイユーティリティーの追加
  • 韓国/中国など全8カ国語のキーボードサポートの強化
  • Windowsドライバーのインストール方法の改良
  • Windows環境から参照できるBoot Camp用ヘルプの追加
  • Windows XP/Vista用の『Apple Software Update』の追加



WindowsのiTunesもリモコン操作できる


目新しい機能の追加点としては、アップル純正のリモコン『Apple Remote』への対応が挙げられる。Apple Remoteの“Menu”ボタンを押すと、iTunesが起動し、曲の再生や選曲、ボリュームの変更などを指示できる。楽曲の再生に関する操作は、『Windows Media Player』でも同様に利用可能だ。

また、WindowsWindows環境から参照できるヘルプも用意され、タスクトレイのアイコンから呼び出せるようになった。なお、このユーティリティーからは、右クリックや日本語入力切り替えの支援を行う『Apple Keyboard Support』機能のオン/オフができるのはこれまでと同様だ。

タスクトレイアイコン タスクトレイのBoot Comp用ユーティリティーでは、従来通りキーボードサポート機能のオン/オフの切り替えのほか、ヘルプの表示やバージョン情報の確認もできる
Windows用ヘルプ 追加されたWindows環境でのヘルプ。“コマンド”キーと“Windows”キーなど、マックとWindowsで異なるキーの対応などを素早く確認できるほか、新機能の確認やFAQの参照が可能だ

そのほか“スタート”メニューの“すべてのプログラム”には、インターネット経由でアップル製ソフトのアップデーターの有無を確認する『Apple Software Update』が追加されるようになった。

Apple Software Update 『Apple Software Update』は、以前にiTunesやQuickTime PlayerをWindowsに組み込んでいれば、すでにインストールされているはずだ。もしかしたら今後、Boot Camp用の各種ドライバーもこのApple Software Update経由で配布されることになるかもしれない

なお、Boot Campのインストールはアップルがウェブサイトで配布しているディスクイメージ(138MB)をダウンロードして行なう。イメージをマウントするとインストーラーが入っているので、これを実行すればいい。

すでにBoot Campがインストールされているマシンの場合は、Windowsを再インストールする必要は無い。いったんMac環境でWindowsドライバーのインストールCDを作成し、Windows環境で起動直してドライバーを組み込めばいい。

Boot Campアシスタント Boot Compのインストーラーを実行すると、“アプリケーション”の“ユーティリティ”フォルダー内に『Boot Campアシスタント』が組み込まれる。このユーティリティーを利用すれば、WindowsのインストールやWindowsドライバーCDの作成が行なえる

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中